読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

‟もしも″絶滅した生物が進化し続けたなら ifの地球生命史 (Graphic voyage)

‟もしも″絶滅した生物が進化し続けたなら ifの地球生命史 (Graphic voyage)

‟もしも″絶滅した生物が進化し続けたなら ifの地球生命史 (Graphic voyage)

作家
土屋健
藤原慎一
椎野勇太
服部雅人
出版社
技術評論社
発売日
2021-02-01
ISBN
9784297119201
amazonで購入する

‟もしも″絶滅した生物が進化し続けたなら ifの地球生命史 (Graphic voyage) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

櫛橋光

リアルサイズ古生物のシリーズの姉妹本?みたいですわ。もしものIF生物を創造してます。リアルな絵に巧みな文章(遊び心は控えめ)での解説はリアルサイズのシリーズと同じです。創造するに当たって各分野の専門家も監修に加わってる事から、成る程と唸るような生物が登場してます。中でもティラノサウルス上科の子孫は度肝を抜かれました。いや、私も想像した事はあるんですが、実際絵で見るとショックです。モササウルス上科、アズダルコ上科(ケツァルコアトルス)の子孫もインパクトあります。決して格好良く無い所が、逆にリアルですわ。

2021/02/03

感想・レビューをもっと見る