読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

サラと魔女とハーブの庭

サラと魔女とハーブの庭

サラと魔女とハーブの庭

作家
七月隆文
出版社
宝島社
発売日
2020-10-09
ISBN
9784299009630
amazonで購入する Kindle版を購入する

サラと魔女とハーブの庭 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はつばあば

読み友さんのレビューに魅かれて紙本購入。小学生から中学に移行する・・思春期と申すのでしょうかとてもデリケートな時期。わずかな期間でも自称魔女のおばあちゃんと暮らせた由花は大人になってもその幸せな時をいつまでも心に残しておくことだろう。残念ながらこういう優しいおばあちゃんには私はなれそうにないから余計惹かれたのかも。そうか・・草ばかり生やして無いでハーブでも植えましょうか(#^^#)。

2021/01/29

野のこ

『ケーキ王子の名推理』で気になっていた作家さん。ハーブに魔女のキーワード、装丁に惹かれて借りました。こ、これは『西の魔女が死んだ』と似てる!言い方は悪いけどだからこそ好みでした。内容とは関係ないけど孫の部屋にルイスポールセンの照明を購入するなんておばあちゃん!って思った。北欧のジュニパーバスケットも素敵すぎる。茶葉をまく掃除法は知りませんでした。こうゆうのも素敵だな。

2020/12/27

ひめか*

岩倉しおりさんの表紙とタイトルに惹かれた。内容は『西の魔女が死んだ』が思い出されてしまうし、薄くてありきたりな印象がした。不登校になった由花が薬草店を営むおばあちゃんの家で暮らすという話。由花には由花にしか見えない友達のサラがいた。大人になっていくことを寂しく思う気持ちは私もずっと変わらないけど、あの日見た光景はずっと胸に刻まれていくから、寂しくないよって由花に言いたい。サラもきっと心の中にいると思う。みんなそうやって大人になっていく。薬草店で働いたり小林君と出会ったことで、臆病な由花は成長したなと思う。

2021/01/28

はな

リンネルに掲載されていたということで、なんとなくそうだろうなとい感じです。「西の魔女が死んだ」を思い出す作品でした。思春期という時期は気持ちも揺らいでいてとても心が不安定になる。学校に行けなくなった主人公がゆっくりと思春期の自分を受け入れていく過程かなと思いました。ハーブの香りに癒されながら読みたくなる1冊です。

2020/12/02

ミヤビ

13歳の春休み、家でも学校でも居心地の悪さを感じていた由花は、田舎で薬草店を営むおばあちゃんの家で暮らすことにする……。令和版「西の魔女が死んだ」ですよね、これ。子供から大人になる時期の戸惑いがうまく描かれた作品です。七月隆文さんの文章変わった? 雰囲気変わっててめっちゃ好き。七月さんのお話って若者向けな印象だったけど、これは大人も子供も楽しめると思う。「僕は明日昨日のきみとデートする」ぶりにときめきを感じた。

2020/12/28

感想・レビューをもっと見る