読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

証言 UWF×プライド 総合格闘技に挑んだプロレスラーたちの死闘秘話

証言 UWF×プライド 総合格闘技に挑んだプロレスラーたちの死闘秘話

証言 UWF×プライド 総合格闘技に挑んだプロレスラーたちの死闘秘話

作家
髙田 延彦
田村 潔司
榊原信行
中邑真輔
アントニオ猪木
ほか
出版社
宝島社
発売日
2020-10-10
ISBN
9784299009746
amazonで購入する

証言 UWF×プライド 総合格闘技に挑んだプロレスラーたちの死闘秘話 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ウィック&ぺディ

★★★半☆

2021/01/11

kuma

時間が関係するのか、以前は言葉を濁していた事にも触れていた感じ。テーマ、編集の意図によって、受け止めかたが変わってくる。

2021/04/13

qoop

このテーマで高田や猪木のコメントが取れた点に時間の経過を感じる。そして、今更(とあえて云うが)語られる当事者の言は信を置けるものだろうか、とも。プロレス的な虚虚実実が最も生きる場は負け試合を振り返った際に発揮されるのかもしれないな、と思ったり。中で興味深かったのは、選手紹介の煽りVを作っていた佐藤大輔氏。当時何より受け入れ難かったのがあの煽りVだっただけに、個人的になんとも皮肉だけど。

2020/10/12

ナリボー

8/10 登場人物皆が自分の言葉で語っているのがよかった。PRIDEが何故あれ程の隆盛を誇ったかというのが垣間見えたし、そこにはプロレスラーなくして語れない部分が多分にあることも理解できた。中邑真輔がプロレスを愛して背負って、まさに背水の覚悟で格闘技のリングにあがっていたことを知ることが出来たのが収穫。猪木に自分の意見を貫ける棚橋と中邑に改めて感動。 一方高田の、相変わらずの女々しさには本気で吐き気がした。強さへの憧憬だのプロレスラーとしての誇りだの、それを踏みにじったのは他ならぬ自分自身だろうに。

2020/12/24

尿酸値高杉晋作

髙田延彦vs.コールマンの真相は肩透かし。 しかし、猪木・髙田の不仲はそんなのが原因だったんだ… これは驚き。

2020/10/13

感想・レビューをもっと見る