読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私、産めるのかな?

私、産めるのかな?

私、産めるのかな?

作家
小林裕美子
出版社
河出書房新社
発売日
2014-11-13
ISBN
9784309253152
amazonで購入する Kindle版を購入する

私、産めるのかな? / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さおり

読まんといた方がいい本と思って今までスルーしてたのに、読んじゃったー。立ち読みだけど。私の経験や思いは私だけのものと思いたいのに、意外とあるあるなんやよね。嬉しいんだか寂しいんだかわからん気持ちになりました。

2015/08/05

フクミミ

「子供はまだか」と妻にプレッシャーをかける夫の母親に「妻の方には問題がない、 問題があるのは自分だ」と告げた夫にちょっと感動した。

2016/12/30

ゆず

共感できるところがたくさん。私は家族にも職場にも恵まれていると思う。だけど私に親の気持ちが分からないのと同じで、本当の意味で不妊のことを理解してくれてる人は少ないと思う。私はもうだいぶ前に開き直りましたが、つらくて悩んでる人には読んでもらいたいな。優しい絵にも癒されます。

2015/03/25

タマキマタ

ほんわかした優しい絵柄とは裏腹に、内容はとても重い。四人の女性のそれぞれのエピソードが描かれている。もちろん、現実はもっともっといろんな事例や複雑な事情が入り組んだ難しいテーマだと思うけれど、この四人だけでも本当によく絞り込んで深く掘り下げて描かれていると思う。養子縁組のエピソードはかなり考えさせられた。まだまだ妊娠出産が身近ではない若い方々を含め、すべての世代に読まれるといいなと思う。

2015/06/21

ツキノ

「親をどうする?」がとてもよかったのでこちらも読んでみた。女性として子どもを産むかどうかの選択は、これまでのように「あたりまえ」ではなくなっている。だからこそむずかしい。希望が叶わないこともある。不妊治療、特別養子縁組、卵活、妊活…4人の女性のケースが紹介されている。詳しい現状のデータもあり。

2014/12/04

感想・レビューをもっと見る