読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

幻獣辞典 (河出文庫)

幻獣辞典 (河出文庫)

幻獣辞典 (河出文庫)

作家
ホルヘ・ルイス ボルヘス
Jorge Luis Borges
柳瀬尚紀
出版社
河出書房新社
発売日
2015-05-08
ISBN
9784309464084
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

セイレーン、八岐大蛇、一角獣、古今東西の竜といった想像上の生き物や、カフカ、C・S・ルイス、スウェーデンボリーらの著作に登場する不思議な存在をめぐる博覧強記のエッセイ一二〇篇。

幻獣辞典 (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sin

凡百の幻獣辞典とは違ってボルヘスはその出典、原典を明らかにして客観的な立場を崩すことがない。しかしそのなかにあってカフカやポーといった作家の創作した幻獣をも同列に扱うのは、やがてこれらも不可思議の領域に数えられることの予言としてあるのか?想像上の動物の同等性をこそ示すものであるものか?甚だ興味深いところではある(ΦωΦ)

2016/02/01

絹恵

ギリシャ神話や北欧神話などで耳にしたことのある想像上の生き物が五十音順に並びます。古今東西、そして異世界へと連れて行ってくれました。これらの生き物について知らなくても困ることはないかもしれないけれど、私は知りたいと思い、知ることで得られるこのけだるい喜びが、これからの読書をより豊かなものにしてくれると思います。

2015/06/07

花乃雪音

ボルヘスが伝承や作家の創作した獣から選出した幻獣を五十音順に並べた辞典。一項目あたり数ページと短いこと、筆者の知識の幅広さ、プリニウスが度々取り上げられていたことから澁澤龍彦の本を読んでいる時の感覚におそわれた。一角獣(ユニコーン)に対する中国の一角獣が麒麟であったり、八岐大蛇を「高志の八岐大蛇」と表記していたり思いもよらない文章に出くわすことができた。八岐大蛇といえば出雲だと思っていたので調べてみたら高志(越)の国から出雲へ行き退治されたことを初めて知りました。

2019/05/05

TSUBASA

ウロボロス、キマイラ、セイレーン、ケルベロス、ケンタウロス、ゴーレム、ナーガ、バハムート、八岐大蛇に至るまで古今東西の想像上の生き物や、カフカ、ポオといった作家が作り出した動物たちを紹介する。これだけ様々な幻の動物をみると人間の想像力の広さを改めて実感しますね。それと同時に、ゲームなんかでなじみ深い名前が多数出てきて、「そんな由来があったのか」と舌を巻くばかり。とんでもない博覧強記な著者によるものなので紹介なんて生易しい物ではないけど、幻獣の出典を調べようと思ったらかなり充実している。

2016/04/09

テツ

ボルヘスが収集した世界中の想像上の生き物について思うがままに垂れ流されている大人の妖怪辞典。僕もこどもの頃から妖怪やら怪物やらが大好きだったのだけれど、きっとボルヘスもそんな仲間だったんだろうなと勝手に親近感が。古今東西世界中の人間の想像力から生まれてきた存在を眺めて想いを馳せるという生きる上で何の役にも立たない時間がとても楽しい。

2018/05/10

感想・レビューをもっと見る