読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マルコムX自伝

マルコムX自伝

マルコムX自伝

作家
マルコムX
Malcolm X
Alex Haley
浜本 武雄
アレックス ヘイリィ
出版社
アップリンク
発売日
0000-00-00
ISBN
9784309901046
amazonで購入する

マルコムX自伝 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ペグ

マルコムXは小さな時から人の言動を良く観察する子供だった。そして母エラを絶望から狂気に追いやったKKKの存在が公民権運動の芽を作ったきっかけではないだろうか(と思う)。人間は自分が他人より優位に立ったと思った時から差別が始まる。生まれは日本風に言えば大正14年。現在生きていればもう94歳。今の時代を見た感想を聞きたかった。もしかしたら「何も変わっていないね。返って悪くなった?」と言われるかもしれないな。

2019/07/10

テツ

マルコムXが黒人の自由ということについて考えそれを得るために行動し、最終的に暗殺される1965年までの人生。記録に残る数々の演説からも香ってくる凄まじいまでの憎しみと、黒人全てがあたりまえに自由になれるアメリカという国への渇望。チンピラだった彼が収監先で書物と出逢い知識とそれに伴う思考を手に入れ、やがて自らが為さねばならないことを見つける。知的さと深い深い人間的な魅力、そして同時に表される圧倒的な攻撃性。手に入れたいもの、解放しなければならない魂のために生き急いだ姿が眩しく美しい。

2019/04/25

ナン

マルコムXについては、おそらく学生時代に映画を一度見たのと、キング牧師とは異なるアプローチで黒人差別と闘った人、というぐらいの知識しか持っていなかったが、古本屋で印象的なカバーに引き込まれそのまま購入。ハードカバーで500頁超と量もさることながら、彼の「変遷」の人生は読み応えがあり、ステレオタイプ的だった自分の知識を深められてよかった。特に後半は、もっと穏やかな人生を送れたかもしれないのに、それをよしとせず、現実と理想両方に対して真摯に向き合う姿勢が印象的。

2020/11/11

たんたん麺

強烈だ!すげえ分厚いから一日中読んでた!素晴らしい本です!ハーレムのハスラーだったマルコムXが強盗の罪で刑務所に入れられて読書の喜びを知るとこは感動する!

2016/02/07

shige

アメリカの黒人公民権運動家であるマルコムXの自伝。 ヒップホップにも思想的に多大な影響を与えたというエピソードを聞いていて、以前から興味を持っていたところ、古本屋で見つけて即買いすることに。 1人の人間の思想の変遷…特にネイションオブイスラム時代の白人憎悪の過激な主張から、メッカ巡礼を経て人種間の融和を説き、アメリカの人種差別問題にはアメリカ社会の構造に問題があると説くようになるまでに感動し、一気に読んでしまいました。 タイム誌が20世紀の最も重要なノンフィクション10冊に選ばれたことにも納得。

2014/05/31

感想・レビューをもっと見る