読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

殺人全書 (光文社文庫)

殺人全書 (光文社文庫)

殺人全書 (光文社文庫)

作家
岩川隆
出版社
光文社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784334707644
amazonで購入する Kindle版を購入する

殺人全書 (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

澤水月

出産時の医療事故で死んだ妻の裁判闘争中に娘が拒食症で死んだエピソードには分厚い本を投げ出してぐああああと悶え転げ回りたくなった。殺人そのものよりそこに至るまでの家庭状況などに力点を置いた870p超の力作。94.3.20読了の再読だが当時より日本の事件に興味深まってるためより理解して読めた

2011/09/22

キーにゃん@絶対ガラケー主義宣言

2003年2月25日

タケミチ

大変な労作。写真や図などは全く無く、900ページ近く延々文章のみで日本で起きた殺人事件の紹介をしている。関係者へのインタビューもしっかりとなされていて、特に文句ない。人間の愚かさ哀しさ面白さが詰まっている。

2013/09/20

ニョンブーチョッパー

2002/04/19

感想・レビューをもっと見る