読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

怪異の表象空間: メディア・オカルト・サブカルチャー

怪異の表象空間: メディア・オカルト・サブカルチャー

怪異の表象空間: メディア・オカルト・サブカルチャー

作家
一柳廣孝
出版社
国書刊行会
発売日
2020-03-26
ISBN
9784336065773
amazonで購入する

怪異の表象空間: メディア・オカルト・サブカルチャー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HANA

これは面白い。本書は三部から成り立っており、第一部が明治から大正にかけて新聞記事や霊術家、ラジオ等の心霊の需要についてで、第二部が70年代のオカルト、第三部が漫画やラノベと、近世の怪異が通史的に語られる構成となっている。第一部だと怪談会に霊術家、第二部だと学校の怪談につのだじろうとどこを取っても興味が惹かれる題材ばかり。第三部のサブカルにおける怪異だけは「もののけ姫」以外全て未見なので、よくわからなかったが。とりあえず近世の怪異については大体押さえられているので、この分野に興味ある人は必読の一冊だと思う。

2020/05/20

あんすこむたん

書かれている内容も良いが、この本のいいところは明治から現代への時系列に並んでおり、最後の部はオカルトや怪異が関係するライトノベルについて色々な作品が書かれている所。アニメで見たものもあり、特に話が入りやすかった。

2021/02/20

hukukozy

明治期から怪異がどのように扱われてきたかが網羅的に語られている. 明治期では心理学や精神医学に近いものとして扱われた怪異.それは新聞というメディアを通して流布していった.やがて怪異はラジオやテレビと言ったメディアと接近していく. 電波という見えない現象を通して遠隔に音や映像を届けるこれらの媒体は,エーテルや霊現象などとの言説と強く繋がっていった...等々

2020/05/08

河村祐介

オカルトの受容史。サブカルチャー方面はもう少し時系列的な作品の流れ(たとえば角川のファンタジー系のニューエイジ的なところとかからの流れとかあったらなーとか

2021/01/23

志村真幸

 話題の幅もきわめて広く、明治の怪談会、新聞記事に見る奇怪な事件、大正期の霊術運動、ラジオと幽霊の関係、つのだじろう『恐怖新聞』、ニューサイエンス、幽霊がタクシーに乗る怪談の歴史、怪奇漫画、ライトノベル、『もののけ姫』までと多岐にわたっている。  各時代の特徴が見事につかみとられており、いかに日本人が怪異を娯楽として消費してきたかがよくわかる。とくに明治・大正については、おおいに視野を広げさせてくれて、勉強になった。  ただ、現代のサブカルチャー/文芸作品の分析は、いまひとつ踏み込みが浅いようにも。

2021/03/20

感想・レビューをもっと見る