読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと

自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと

自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと

作家
わたなべぽん
出版社
幻冬舎
発売日
2018-10-25
ISBN
9784344033733
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「どうせ私なんて…」から脱するためにやってみた11のこと。
~少しずつ、生きることが楽しくなってきました~

累計20万部突破! 『やめてみた。』『もっと、やめてみた。』のわたなべぽん最新作。
幼少期のしんどい親子関係から自己肯定感が低くなってしまい、
「自分が嫌い」という辛い感情を抱えて生きてきた著者・わたなべぽん。
そんな状態から脱するために、自ら考えたり試したりしてきたことを克明に記した感涙エッセイ漫画。
~大人になった私が、心の中にいる「小さい自分」の"親になったつもり"で行動してみたら、
私が私でいることがラクになってきました~
<目次>
プロローグ スマホを心の盾にして
第一話 つらい記憶
第二話 今からでも、変われる?
第三話 子供の頃、できなかったこと
第四話 思い出の金時計
第五話 子供の頃、して欲しかったこと
第六話 大人になってからの逆上がり
第七話 ほめられたことを信じてみよう
第八話 初めてのライブ
第九話 流行に乗れない理由
第十話 許せなくても幸せになっていい
第十一話 「良い思い出」を思い出せた
エピローグ 自分が好きということ

「自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと」のおすすめレビュー

「自分が好きになれない」理由は子ども時代にあり!? 自己肯定感を上げるコミックエッセイ

『自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと』(わたなべぽん/幻冬舎)

 世の中には「自分を好きになる」ための自己啓発本はたくさんありますが、たとえ一時的に好きになることができたとしても、根本的な解決ができない限り、自身を嫌悪する感情はムクムクと湧きあがってくるものです。

 コミックエッセイ『自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと』(わたなべぽん/幻冬舎)が画期的なのは、自分でしっかりと子どもの頃の自分と向き合い、当時やりたくてもできなかったことや投げ出してしまったことをピックアップしながら、ひとつずつ丁寧にクリアしていくところです。

 昔から自分のことがどうしても好きになれず、落ち込むことが多かったという著者のぽんさんは、幼少期の母親との関係に原因があることに気付きます。そんなある日、テレビのドキュメンタリー番組で80歳の女性が一念発起して高校受験に挑戦し、見事高校生になったというエピソードを目の当たりにします。「子どもの頃に本当はやりたかったけど、親に言えなくて諦めたことはなんだろう?」と思いを巡らせた…

2018/11/30

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

今まで読んだぽんさんの本とは違い、他の著書からは想像つかないような幼少期からのお母さんとの確執、育てられ方に驚きました。自分を好きになるためにぽんさんが始めたこと、幼少期に抑えてきたこと、出来なかったことを大人の今リストアップして1つずつチャレンジしてみる、子供の自分に対し大人の自分が声をかけてあげる等参考になりました。私自身も自分のことが好きになれないのですが、自分を信じられないと他人のことも信じられなくなると思いますし、原因を見つめて自分に優しくしてみようかと思いました。

2018/11/02

あきか

やめてみたシリーズやスリム美人シリーズで好きなわたなべぽんさん最新作。ぽんさんのエッセイは日常の些細な幸せや成長を丁寧に掬い上げていて、あるある!と共感できるので好き。今回はぽんさんのもっともっと内面に迫る内容。過度に食べすぎたり物が増え過ぎたり…何か共通点あるなあと思っていたけどやっぱりそこに辿り着くよね、と妙に納得してしまった^^;『母親を許せない自分』が許せないという気持ち、凄くよく分かります。過去の自分を見ているようでした^^責められず、等身大なので救われる人も多そう。やっぱり元気をもらえるなー。

2018/11/13

カール

実母との関係が悪くて、自己肯定感を持てないまま大人になったぽんさん。どうせ私なんか…が口癖のぽんさんが自分を好きになるために、やってみた事が書かれています。やり方は片付けやダイエットと同じだけど、心の奥底に封印していた思いとも向き合わなければならなかったから辛かったでしょうね。でも、今のぽんさんには素敵な旦那さんがいます。今回も旦那さんのひと事ひと事が素晴らしい!

2018/10/30

ひろ§

人目を気にしてしまうことが多々あるが、「それは自分を自分でいじめてることだよ」という部分に非常に納得してしまった。 人のせいにしていたことも、自分の心の問題。自分を見下しているのは、自分自身。 それを克服するために、自分のやりたいこと、興味があることに素直に生きようと思った。

2019/01/05

ちいこ

読むのしんどかったわ~。自分を自分で育てなおす、って簡単じゃないものね。ジャズの先生やぽんさんのパートナーの言葉は胸を打ったなぁ…。

2018/12/12

感想・レビューをもっと見る