読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

救急患者X

救急患者X

救急患者X

作家
麻生幾
出版社
幻冬舎
発売日
2021-03-17
ISBN
9784344037687
amazonで購入する Kindle版を購入する

救急患者X / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

鏡の血文字だの、「救い出して」とかX(エックス)とか、人事が絡むの?なんとなく読んでしまった感じ。まさかの証拠は『臓器保存室』に!(ここはドキドキ)こんな卑劣な犯人は許せない。一番怖かったのはカバー写真かもしれない。

2021/04/13

nana

内容は引き込まれてあっという間に読んでしまっまが、内容としてはイマイチよく分からなかった。

2021/06/07

hiace9000

メディカル ホラー&ミステリー。夏場の民放2時間ドラマのように、一気に読ませる作品。その手のドラマも視聴中は次の展開にハラハラし、ぐいぐい引き込まれて観てしまうのだが、見終わって素に戻ると「ところであれってどうだったの?」と腑に落ちない箇所がポツポツ浮かんでくることがある。まさにそれかな?  ER医療現場の多忙感と緊迫感、医師としての科学的理知性と非科学性との境界と葛藤は、実にリアル。フィクションの断りはあれど、病院関係者と心霊体験は、不可分の関係性はあるのだろうな…、と知人の談からもそう思う。

2021/05/30

Yunemo

医療サスペンスホラー?というのが読後感。著者のイメージからすると物足りなさも残ったままに。Xという身元不明人への名の付け方でまず惹き込まれ。でも人事抗争に絡む呪、恨、殺という血文字の表記まではサスペンスとして、+アルファの「救い出して」という言葉がホラーへの転換、猿のぬいぐるみを抱いた少女の存在等々、何故だかその境が曖昧に過ぎて、ついていけないかな。警察の介入がありながらその様子も中途半端に想えて。救命救急医吉村の人間性の表現に戸惑ってしまう。全般的にこの分野はあまり接していないので特にそう感じたのかも。

2021/05/05

Ayako

高度救急医療センターに現れた<呪><恨><殺>の血文字。という紹介文から、ホラーものと思って読み始めたが、ミステリー要素も強い作品だった。テンポもよく読みやすかったが、ラストでも依然として謎な部分が残り、何だかすっきりしない読後感だ。

2021/04/27

感想・レビューをもっと見る