読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画 (幻冬舎文庫)

35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画 (幻冬舎文庫)

35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画 (幻冬舎文庫)

作家
藤原和博
出版社
幻冬舎
発売日
2014-04-10
ISBN
9784344421868
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

自分にしかできない仕事をやっているか。組織に埋没していないか。定年後に自分の居場所はあるか。……残業をしても給料は上がらず、ポジティブシンキングだけでも乗り切れない時代に、どう働き、生きるべきなのか。元リクルートフェローで元杉並区立和田中学校校長が提示する戦略的な人生計画とは。30代で身につけたいお金と時間の使い方を提示。

35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nowhereman

著者は東京都で初の民間人で公立中学校の校長を務められた方。数年前、この方の講義を受講したことがあるが、内容は忘れていて、何となく良い講義だった様な気がするので、手にとってみた。日本が成長社会から成熟社会に突入し、これからはみんな一緒より、各自オリジナリティを持って生きていくべきだ、という根本思想を基に書かれている。確かに、良いことは書かれているが、この本のメソッドだけでは、簡単に成功できる程甘くはないだろうと感じた。この本は、35歳の教科書というタイトルより15歳の教科書とした方が売れるだろう。

2015/11/11

木賊

単行本の上梓が2009年なので、この種の本としては読むタイミングが遅かったかもしれない。多少強者の理論的な印象で読むのが辛い時もあるのだが、得るところも多かった。現代は既に個人の生き方が問われる成熟社会であり、修正主義で生きる必要がある。新しい「大人」の条件は、「演じる自分」「公共的なリテラシー」「クリティカル・シンキング」。

2018/01/10

jodan

高度経済成長を支えた「一億総中流」「年功序列」「学歴社会」「終身雇用」。20世紀成長社会においては人の尻馬に乗った楽観思考や横並び意識などの発展途上国型思想でよかった。しかし成熟社会では野球よりサッカー人間、ジグソーパズルよりレゴ型人間が必要とされているように、自分の意見を持つことが大切である。さてポイントは、バブル期は借金が信用のバロメーターであったが今は借金ゼロが断然身軽で有利、他者とかかわり思考を洗練させる、自分の言葉でしゃべらない人の話はつまらない、10代の内に集中力とバランス力をつける。☆4。

2014/06/07

トム

20代は一生懸命働いて経験を増やす。増やした上で30代でもうひとつ専門を手に入れる。今の仕事の勉強もっと続けよう‼興味のある勉強はもう少しあとでもいいかも。自分の中のリストラ。段々と携帯からはリストラ出来ている気がするけれど、新しいことにはチャレンジ出来ていない。ひとつ捨てたのでひとつなにかを変えたい‼複眼的視点をこれから生きていくなかで身に付けなくてはいけない。自分で考える力をつけていきたい。

2016/07/03

安右衛門

時代の変化により社会人の考え方や捉え方を変えていかなければ、人生を楽しめないということがわかりました。仕事以外でのコミュニケーション。なかなか、難しいですね。自分も大人になったと感じました(笑)

2016/02/10

感想・レビューをもっと見る