読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

俺は絶対探偵に向いてない (幻冬舎文庫)

俺は絶対探偵に向いてない (幻冬舎文庫)

俺は絶対探偵に向いてない (幻冬舎文庫)

作家
さくら剛
あき
出版社
幻冬舎
発売日
2015-11-12
ISBN
9784344424081
amazonで購入する Kindle版を購入する

俺は絶対探偵に向いてない (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

てつ

なんかドタバタばかりで合わない。以上

2019/05/12

エリク

引きこもりで半ストーカーくんとドSの先輩、元プロレスラー志望のKYなど超個性的な探偵が集まった探偵事務所を背景にしたコメディです。 結構、面白かったと思います。

2019/10/10

紅葉

前から気になっていたさくら剛さん、初めましてです。25歳のニートたけしが探偵見習いに。果たして一人前の探偵になれるのか!?面白かったです♪最初はたけしのあまりのダメダメっぷりにかなりイライラしたけど読み終わってみればよく頑張った!と誉めたくなってたり…探偵だからミステリーかと思ったけど、お仕事小説の面が濃いですね。かなり個性的な事務所のメンバーで笑えます。続編もあるので味付けのり用意して読みたいと思います♪

2016/01/21

たみ

[インドなんて二度と行くかボケ!!…でもまた行きたいかも]等のネタ系旅行記や[世界のニュースなんてテレビだけでわかるかボケ!!…でも本当は知りたいかも]等のオモシロ解説本で活躍なさっている著者の初小説作品。妄想大爆発だったり叫んだり泣いたりセリフの中に「(泣)」とか「(号泣)」が書いてあるので、こういう表現が苦手な方にはオススメしません。浮気調査などの割と現実的な探偵物語、小ネタが効いてて何回も笑ってしまった。帯の推薦文を書いてるのがGLAYのTERUさんなのが私には1番の謎でした。

2015/12/16

かなえ

ダメダメニートのたけしくんが、立派な(?)探偵になっていく成長物語。アニメをそのまま文字に起こしたような特徴ある文体なので、それに引っかかってしまう方には不向きです。けれどそうでない方には、読みながら画が頭に浮かぶのでとても楽しめるのではないでしょうか。登場人物もみな強烈な個性の持ち主。シリーズ化してるのかな? 続きも読んでみたいです。

2015/12/16

感想・レビューをもっと見る