読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

そして奔流へ 新・病葉流れて (幻冬舎文庫)

そして奔流へ 新・病葉流れて (幻冬舎文庫)

そして奔流へ 新・病葉流れて (幻冬舎文庫)

作家
白川道
出版社
幻冬舎
発売日
2015-12-04
ISBN
9784344424180
amazonで購入する Kindle版を購入する

そして奔流へ 新・病葉流れて (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

翔龍パパ

本巻で完結すると思っていましたが…さに在らず。未完のまま、『白川道』さんは亡くなってしまったんですね。自伝として『梨田雅之』という自分の分身をまだまだ活躍させたかったでしょうが、このシリーズを読んで、破天荒に生き、ある日突然亡くなった『白川道』さんの生き様を見た気がしました。もう、この先を読む事が出来ないのは残念です。

2021/02/14

ito_mojo_takashi

☆☆☆☆

2016/09/30

かずぺん

爽やかな男です。腹が括れる男は格好いいですね。幾つになっても、憧れだけで、近づきません。そんな男になったら、取り巻きは迷惑かもしれませんね。

2016/03/10

たろー

2016/04/04

08041511

つくづくこの続編を書かずに著者が亡くなったのは残念です

2019/08/22

感想・レビューをもっと見る