読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ショットバー (幻冬舎文庫)

ショットバー (幻冬舎文庫)

ショットバー (幻冬舎文庫)

作家
麻生幾
出版社
幻冬舎
発売日
2016-10-07
ISBN
9784344425248
amazonで購入する Kindle版を購入する

ショットバー (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ごんちゃん

なんだコレ?捜査一課が追う殺人事件と公安が仕組む諜報活動に海上自衛官・・・と複雑なストーリーだけど、結果、ふつーのOLのぐだぐだな印象しか残らないんですけど。なんでOL目線で描いちゃったんだろう?まさか女性読者を獲得したいとか?麻生さんの読みやすい小説はハズレが多いな。読み難くても硬派な方がいいよ~。

2017/06/27

あつし@

野心家の商社OLが恋人との待ち合わせホテルに路地裏を通って向かう途中ショットバーでシェリー酒を飲む。その夜から2週間彼女は、自身の意思を超えて起こった殺人事件、捜査一課と公安の対立、緊張した半島情勢、特命を帯びた影等の複雑怪奇な構図に翻弄される…、っていうことなんかな?最後まで読ませる面白い設定だったけど、それぞれがすっきり回収されたと自分には読み込めなかった。難しいぞ!麻生幾。残念。文庫版最後の謝辞にある通りカバーの美しい手と題名からイメージは膨らんだんだけどなぁ〜。主人公もダメ。

2016/12/29

こいきんぐ

読みやすくて読み易かった。麻生作品にしてはまださわやかな方に思えた。思い込みかもしれないけど…面白かった。

2017/01/12

フウミズ

GOOD 97

2020/01/28

ぐりぐらどんぐり

自衛隊やらなんやらややこしくて、結局よくわからなかった。

2017/07/12

感想・レビューをもっと見る