読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

虹、つどうべし 別所一族ご無念御留 (幻冬舎時代小説文庫)

虹、つどうべし 別所一族ご無念御留 (幻冬舎時代小説文庫)

虹、つどうべし 別所一族ご無念御留 (幻冬舎時代小説文庫)

作家
玉岡かおる
出版社
幻冬舎
発売日
2016-12-06
ISBN
9784344425590
amazonで購入する Kindle版を購入する

虹、つどうべし 別所一族ご無念御留 (幻冬舎時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐々陽太朗(K.Tsubota)

武士(もののふ)の生きざまは死にざまに現れる。切支丹の女間者・希久の目を通して、滅びゆく別所一族を深く愛惜しつつ描いている。戦国という変革の怒濤の中で、別所氏は覇者となるべき者を見誤った。その代償は「死」。己が死ぬだけではない。自分の判断が配下の者、ひいてはその家族もろともの生死を決するのだ。名門の出にこだわり最後まで新興の秀吉に負けたことを認めることが出来なかった別所吉親、家臣とその家族を思い自らの首と引き換えに周りの者の安泰を秀吉に願い出た別所長治。リーダーはどうあるべきかを考えさせられた一冊でした。

2017/08/23

YH

面白かった。戦国の時代の男と女の生き方。全ての登場人物が愛しく輝かしく生きてそして大事な何かのために死んでいく。敵味方なく、登場人物は皆んな魅力的だった。もっと沢山の人に読まれて欲しい。

2017/07/21

はちがみっつ

別所一族の滅亡についての時代小説。 間者として入り込んだ主人公がまさかの側室に。 長期戦の干乾し作戦の残酷さは、戦国時代といえども卑怯極まりないが、それも時代か。 作者さんはまさに地元出身、書き出すまでは長く、書き出したら短い。芯が強い女性を書かせたら作者は素晴らしい。 南兵衛が生きててほしかった。

2020/06/26

感想・レビューをもっと見る