読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

天国の一歩前 (幻冬舎文庫)

天国の一歩前 (幻冬舎文庫)

天国の一歩前 (幻冬舎文庫)

作家
土橋章宏
出版社
幻冬舎
発売日
2018-12-06
ISBN
9784344428096
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

若村未来の前に、疎遠だった祖母の妙子が現れた。しかし会うなり祖母は倒れ、介護が必要な状態に――。「いっそ、ぽっくり死んでくれたら」と実家の両親は祖母を見捨て、未来はひとりで看る決意をする。日に日に物事を忘れ、暴れ回る祖母。老人ホームなどの施設も空きがなく、お金に困った未来は、自分の身体を売り、ある事件を引き起こす……。

天国の一歩前 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

介護というテーマで、重い感じがしましたが、いやいやなんの介護の問題をさりげなく提起しつつ、エンタメに仕上がってる。あっさり一気に読めますね。未来の両親はなんとも許せない。反面教師として学ぶべきだね。未来も自分の夢を持ちながら、苦悩と葛藤の中、よく頑張ったと褒めてあげたい。こういった介護の問題は、これから先、自分にも降り注ぐ可能性があり、物語を通して介護について学べました。エピローグで、ちょこっとウルッとしちゃいました。(相変わらずの涙腺の弱さです 笑)

2019/03/01

JILLmama

初読み作家さん。超高速参勤交代を書いた方なんですね。介護や福祉に関わる仕事をされている方が読めば、違和感たっぷりだと思います。 病院からいきなり特養を勧めるMSWとかありえないと思うけどな... とにかくつっこみどころ満載な本でした。 介護にあまり関係のない方が読んだらきっと勘違いして、しまうのではないかと心配になるくらいドタバタしていた。っていうかまず、ケアマネに頼もうか!!

2018/12/29

義経Ⅷ

文章はあまり好みではないが読みやすくあっという間に読了。 人は天国に行けても天国に行く前が地獄なんだなぁと感じた。 恐ろしい!

2019/01/18

tnyak

土橋作品は、参勤交代や国替えなど時代小説ばかり読んできたが、本作は介護をテーマとした現代の問題を扱った力作でした。主題は異なるけれど、本作のヒロインもそうだけれど最後の最後まで諦めない、という人物造形は土橋作品らしいなと思った。題名の重み、哀しみなどを強く感じました。

2018/12/30

感想・レビューをもっと見る