読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

猫だからね (幻冬舎文庫)

猫だからね (幻冬舎文庫)

猫だからね (幻冬舎文庫)

作家
そにしけんじ
出版社
幻冬舎
発売日
2021-04-08
ISBN
9784344430730
amazonで購入する Kindle版を購入する

「猫だからね (幻冬舎文庫)」のおすすめレビュー

すべての猫と和解せよ、だって猫だから。可愛い猫たちがプロのお仕事に目覚めたらどうなる?

『猫だからね』(そにしけんじ/幻冬舎)

 犬派か猫派か──読者の皆さんはどちらだろうか。動物好きを自認する小生は正直なところ優劣など付けられないが、「犬山」を名乗る以上やはり若干犬寄りだとは思う。とはいってもすり寄ってくる猫にはあらがえず、身を許すしかない。そうだ、猫は許すべき存在だ。だが、もし猫が我々人間に対し責任を持つ立場となっても、その気ままな習性を捨てられずにいたら許せるのか。

『猫だからね』(そにしけんじ/幻冬舎)は、猫たちが作家や忍者、ドクターに教師にと各界のプロになった場合、周囲の人間たちはどう振り回されるのかを描いた漫画である。人間たちは振り回されつつそれを許し手助けしていくことは、宿命であり喜びでもあるのかと思うほど。描くのはそにしけんじ氏、読売新聞日曜版『猫ピッチャー』やNHK Eテレの『ねこねこ日本史』でもおなじみだ。その愛らしい絵柄だけでも、癒しとなる。

 まず、作家となった猫はどうなるだろうか。作中では確かに猫なのだが「多くのベストセラーを持つ実力派ベテラン作家猫」なのだ。ゆえに担当編集者を横に待たせ、万年筆を持ち原稿用紙に…

2021/5/30

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る