読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鳥居准教授の空腹~世界のスラムにうまいものあり~ (1) (バーズコミックス)

鳥居准教授の空腹~世界のスラムにうまいものあり~ (1) (バーズコミックス)

鳥居准教授の空腹~世界のスラムにうまいものあり~ (1) (バーズコミックス)

作家
丸山ゴンザレス
渡辺大樹
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
2018-01-24
ISBN
9784344841376
amazonで購入する Kindle版を購入する

鳥居准教授の空腹~世界のスラムにうまいものあり~ (1) (バーズコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

チョビ

副題はちょっと大げさかな。考古学者らしからぬ考古学者が海外の出先(ほぼ出張なのだが、あまり専攻っぽくない出張。現実はこんなものなのかな)で、食べたものをインスタにあげるまで、と言うところが、顔からしてSNSなんて興味なさそうな顔をしているが、時代だなあと。スラム特有のご飯というわけでもなく、「球場三食」にみられるチープ飯、というほうが近い。台湾ビールくらいしかそそられる食紹介もなく、消化不良。スラム特有のご飯が出てくるかと期待しただけに、ちょっと残念。

2018/03/10

saku88

クレイジージャーニーでお馴染み丸山ゴンザレス原作の、世界B級グルメ食べ歩き旅。主人公は上司に便利使いされる考古学者との設定だが、「孤独のグルメ」「おみやげどうしよう?」と同様それ自体は大して重要ではない。親切にされたと思ったらぽったくられたりなど、実話ベースと思われる興味深い話もあるが、全体的には思ったより薄味。「世界一周ホモの旅」の食パートのほうが濃いくらい。なおこの手の食に興味があるなら「被差別の食卓」がおすすめ。元嫁か元恋人なのだろうが、主人公と佐知子の関係が気になるので、こちらも進展させて欲しい。

2019/09/06

ちょこ

美味しそう。

2018/02/05

感想・レビューをもっと見る