読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

東京でお酒を飲むならば (祥伝社黄金文庫)

東京でお酒を飲むならば (祥伝社黄金文庫)

東京でお酒を飲むならば (祥伝社黄金文庫)

作家
甲斐みのり
東泰秀
出版社
祥伝社
発売日
2019-09-12
ISBN
9784396317645
amazonで購入する

東京でお酒を飲むならば (祥伝社黄金文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

bluelotus

★★★☆☆ 古き良き時代の東京の酒場はその雰囲気にも過ぎ去りし時代にも酔いしれる。神谷バーには行ったことがあったが、2階だったためどちらかというと食堂の雰囲気で、それはそれで昭和の香りがしていた。その時に行き損ねたアンヂェラスにもお酒があったことを今になって知る。

2019/10/30

もちこ

いろんなお店があって、お酒が美味しそうで行きたくなってしまう。神田のランチョンは行きたいな〜浅草のアンジェラスがなくなったのが残念

2020/03/08

Kazuo Ebihara

静岡で生まれ、関西で学び、東京で働く 著者が語る東京の酒場情報。 老舗や人気の店から、著者の普段使いの店まで。 2011年の作品だけに、 今は無くなった店も幾つかあったが、 それもまた懐かしい。 静岡から歌舞伎を観に上京して来る父親と 連れ立って飲み歩く姿が微笑ましいね。

2020/02/08

感想・レビューをもっと見る