読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

彷徨捜査 赤羽中央署生活安全課 (祥伝社文庫)

彷徨捜査 赤羽中央署生活安全課 (祥伝社文庫)

彷徨捜査 赤羽中央署生活安全課 (祥伝社文庫)

作家
安東能明
出版社
祥伝社
発売日
2018-06-13
ISBN
9784396344276
amazonで購入する Kindle版を購入する

彷徨捜査 赤羽中央署生活安全課 (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タイ子

いろんな警察小説の○○課を読んでると登場する刑事たちの名前と作家までがごっちゃになってしまってるという記憶力のなさ。今作も読み始めてシリーズものだと気が付いた刑事たちの名前。赤羽署の生安課が今回解決に向かうのは、ある日突然4人の高齢者たちが赤羽に現れる。彼らは認知症に罹っており、どうやら置き去りにされたらしい。すわ、今どきの姨捨山かとネットニュースにもなり、刑事たちは怒りを込めて真実を追求。そして、たどり着いたのは予想外の真実と高齢化社会に向けての警告。これからの様々な日本の社会をも考えさせられる作品。

2018/06/27

達ちゃん

シリーズ3作目。今回も現代の問題をテーマにした結構リアルなストーリー。地元の地名がいっぱい出てきてちょっとテンションアップしながら読みました。

2019/10/14

シアン

疋田務シリーズ第3弾。身元不明の老人達を保護し、身元を洗う内に、思わぬ展開に。地道な捜査とチームワークが光る。ここのところ、単独捜査上等の警察小説を読んでいたので、他県の警察とも協力して事件を解決していく展開に、なんだかほっとした。

2018/08/09

ナツメッグ☆

「赤羽中央署生活安全課」シリーズの三作目から読み始め。 本屋さんの店頭でのぱっと見て面白そうだったので即購入。 担当職掌が生活安全課なので殺伐とした殺人事件なんかが発生しないのがまずいい。 主人公の疋田のキャラも好感が持てる。 では一作目から読みますか。

2018/09/05

あここ

痴呆症の高齢者さんが4人まとめて保護される!?絶対置き去り事件よな・・一体誰が?何の為?ってゆうかこの人達誰!?わくわくする。。けど全然進まへん。身元不明やし難しいのは分かるけど。関係者だけがぼろぼろ増えてややこしい。4人分の親類も混乱。犯行動機もいまいち納得できず。介護と私怨をまとめちゃいましたって何かなぁ。大掛かりな割に得してへんし。一石二鳥で損しただけ感。疋田さんの奥さん強引でキライ。何でこんな偉そう?捜査情報ぽろぽろしゃべってええの?息子との面会時間削られて怒らへんの?しかし捜査って地道よなぁ。。

2018/08/29

感想・レビューをもっと見る