読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

TACネームアリス 地の果てから来た怪物(上) (祥伝社文庫)

TACネームアリス 地の果てから来た怪物(上) (祥伝社文庫)

TACネームアリス 地の果てから来た怪物(上) (祥伝社文庫)

作家
夏見正隆
出版社
祥伝社
発売日
2020-10-30
ISBN
9784396346713
amazonで購入する Kindle版を購入する

TACネームアリス 地の果てから来た怪物(上) (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

だいゆー

(^^

2021/02/11

これから考える

いつものことながら、この作者の描く敵対勢力がとっても嫌らしくて、遠慮なく叩き潰したくなるのが気持ち良い。天然痘パンデミックの戦いなのだが、書き始めたのはコロナ禍の前からなら、すごい慧眼。

2021/02/13

Kenichi Uto

シリーズ3年ぶりの新作。しかも分厚い本が上下2巻同時刊行という暴挙(笑)今回も面白く読みました。主人公は今回も舞島姉妹。同時進行の形で話は進みます。とりあえず、主な舞台は隠岐の島と東京になりそうですが。ウイルスをばらまく?という脅し。今回も敵はC国みたいですが。竹島が近いこともありK国もF-15Kを上げてきます。その時々の世界情勢を反映しているので、納得してしまいます。ただ、こうなったら実際の話アメリカが黙っていないでしょうが。 下巻はさらに厚そうですが読むのが楽しみです。

2020/11/17

johngaraman

読み応えある分厚さだが詰まってはいないので良いペースで読了するが下に続くものなのでまだまだ半分。 いよいよ超人化する姉妹の大活躍とありそうな隣国の理不尽の物語だが一部の本屋には並べてもらえないかもね。 しばーらくアップルのブックストアにもなかったんだよ。

2021/05/08

black

あれ、まさか

2020/12/17

感想・レビューをもっと見る