読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

カウンセリングの理論

カウンセリングの理論

カウンセリングの理論

作家
國分康孝
出版社
誠信書房
発売日
1981-01-20
ISBN
9784414403084
amazonで購入する

カウンセリングの理論 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ラピスラズリ

摂食障害などの精神疾患に関心があって読んだ。クライアントの問題を解決するために、いろいろな心理療法をクライアントに適切な形で使い分けて問題を解決すべきという折衷主義の立場に立つ著者が、代表的な心理療法について書いている。人間が陥りやすい心理的な問題に対して、心理療法によってアプローチが違うのがおもしろい。中には自分自身も陥っていてもおかしくない考えかたもあり、はっとさせられた。

2019/04/17

r_ngsw

まぁお固いというか古めかしいというか、時代を感じさせる表紙ですね。それもそのはず、1980年初版から一度も改訂されることなく刷りを重ねること40数回。私が買ったのは48刷りです。カウンセリングには、出版当時で既にいろんな派閥があって、曰くどんどん新しいものが出てきている、と。じゃあ今はいったいどんなことになっているんや?と思いつつ、いまだにこの本がそのまま生きている理由に想いを馳せてみました。 続き→ https://goo.gl/3Rr8sv

2017/12/13

花心

大学テキストとして

2009/04/10

感想・レビューをもっと見る