読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

マルチナ、永遠のAI。――AIと仮想通貨時代をどう生きるか

マルチナ、永遠のAI。――AIと仮想通貨時代をどう生きるか

マルチナ、永遠のAI。――AIと仮想通貨時代をどう生きるか

作家
大村あつし
出版社
ダイヤモンド社
発売日
2018-04-05
ISBN
9784478105184
amazonで購入する Kindle版を購入する

マルチナ、永遠のAI。――AIと仮想通貨時代をどう生きるか / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ka2o(かつお)

特別な専門知識がなくともAIについて楽しく学べる素晴らしい本だと思いました。AIに関係する難しい専門用語を中学生ぐらいでも読めるぐらいに優しく説明してくれています。AIとはどういうものかを理解し、近い将来AIがどのように私たちの生活に関わってくるのかを想像する助けになります。 これから仕事でAIに関わる人はもちろん、AIとは無縁な人にも読んで欲しい1冊です。

2018/04/08

水の都

知人の薦めで読んだ書籍。ちょっと小馬鹿にして読み始めたけど、仮想通貨とかブロックチェーンとか、今どきの「単語知ってるけど中身は不明」っていうのが少し分かった。エンディングも映画のように…。「時間を返して!」とは言えない書籍。まずまず満足。

2018/10/08

あきさお

作者の講演のあと、興味があって、即、購入しました。読みかけのジェフリーディーバーを一休みして、読了しました。AIや仮想通貨などICT関連の専門用語に溢れた内容となっていますが、巧みなストーリーと作者の表現力で、専門用語がするすると頭の中に入ってきて、物語にもすぐになじんてしまいました。AI入門編として、必読だと思いました。衝動買いして、成功です。

2019/10/23

kobaton

汎化!ある特定の刺激と結びついた反応が類似した別の刺激に対しても生ずる現象。この現象の発生によりAIの性能が向上すると言う。ある特定の物や事象を類似要素にカテゴライズして理解する。この概念化能力こそ問題解決力の要であり、人の能力の優劣を決める。そこには曖昧さを許容するという人間ならではの機能があり、つまりそれが「心」の正体なのかもしれないのに、それがAIの性能向上の要だと。AI活用が日常化すると、機械に心があったら気持ち悪いと感じる不気味の谷も霧消するものか?便利になるんだなと思う反面、厄介だなとも思う。

2018/08/23

プリュス

AIや仮想通貨に興味を持つキッカケになるには良い本だと思う。本屋などで「AI」の文字を見ると立ち止まってしまいますww

2018/07/20

感想・レビューをもっと見る