読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ごみ清掃芸人は見た! リアルでゆかいなごみ事典

ごみ清掃芸人は見た! リアルでゆかいなごみ事典

ごみ清掃芸人は見た! リアルでゆかいなごみ事典

作家
滝沢秀一
出版社
大和書房
発売日
2020-12-20
ISBN
9784479393573
amazonで購入する Kindle版を購入する

ごみ清掃芸人は見た! リアルでゆかいなごみ事典 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アルパカ

手の付けられていないコンビニ弁当、大量の芽も出ていない腐っていないジャガイモなどもったいない・・・。ショックでした。怖いのは血だらけの段ボール。なぜ?あいうえお順に家庭から出されるごみのことをいろいろ語っています。ゴミとはいえ、最初は(当たり前ですが)ゴミではなかった。必要で、あるいは欲しくて買ったものなのですよね。読んでいると何とも言えない気持ちになります。まあ要らないものをいただくこともありますが‥。

2021/04/14

シュウヘイ

ゴミに関しての本 何気に捨てられているものにも色んな事情がありそう 変わったものを捨てるとネタになる

2021/04/20

Masa

使い終わったものには責任もとう!保冷剤はニオイ消しになると最近知った。中身を容器に入れてトイレや靴箱に。

2021/02/07

ray

☆3 ごみで人間性が丸わかり。きちんと分別するのはもちろんですが、本当に感謝です。

2021/01/29

kt

ゴミ出し2年生になったばかり。今まで、ゴミの事あまり考えたことがなかった。分別間違っていたことを、後で気づいたことがある。訂正してくれてたんだ。この1年、大分わかった。ゴミを捨てるとスッキリする。それを回収してくれる人に感謝。「ゴミは人生の縮図」分別はきちんとする。

2021/03/12

感想・レビューをもっと見る