読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おかあさんとあたし。1&2

おかあさんとあたし。1&2

おかあさんとあたし。1&2

作家
k.m.p.
出版社
大和書房
発売日
2014-04-16
ISBN
9784479670810
amazonで購入する Kindle版を購入する

おかあさんとあたし。1&2 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

今ならこの本の隅々までわかる~あの頃は余裕も無くって・・と、言い訳する私。今ならゆったり子育てが出来るかも(笑)私の母は色んな事に、いっぱいいっぱいで、次女の私の成長は「記憶が無い」と、笑い飛ばしてました。愚息達は覚えてるかな?叱られた事だけかな?ごめんね。私も笑い飛ばします(汗)懐かしい香りでホッコリと読了しました。

2015/07/06

まーちゃん

母と私は仲良しだけど、幼い頃一緒に過ごした記憶はあまりない。私は三姉弟の長女で、家には祖父母がいて、真面目で要領の悪い母は一日中家事に追われていた。母は妹や弟の世話をし、私は大抵祖母に遊んでもらっていた。祖母は面白くて優しかった。でも幼い私は母の後ろをついて歩いては「ねーねー、みてーみてー」と言っていたような気がする。一方息子二人の母である私は、怠け者の主婦で、彼らと一緒に遊んだりお昼寝したりしてた。でも、彼らはそれを覚えているだろうか。案外「遊んでもらった記憶はない」とか言われちゃったりして(苦笑)

2015/12/15

しのぶ

どのシーンも自分の思い出の中にもあったなと思う一冊。かけがえのない懐かしい記憶が詰まっている。

2017/01/30

><

初版2014年。懐かしい。掲載されているイラストが、自分の小さい頃、お母さんとしたやり取りと重なって、きゅんとする場面がたくさん。「これ、自分もやってたなー」と思っていると、そこから派生して、いろいろな思い出がよみがえりました。

2015/03/25

hnzwd

かわいいイラストにあるあるネタはヨシタケさんに通じる所も。おかあさんとのあるあるが満載で、あー、やったなー、ってのが多くてほんわか。今のおかあさんたちも、同じなのかな。。とも。

2015/03/07

感想・レビューをもっと見る