読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

きもの草子 (ちくま文庫)

きもの草子 (ちくま文庫)

きもの草子 (ちくま文庫)

作家
田中優子
出版社
筑摩書房
発売日
2010-12-10
ISBN
9784480427861
amazonで購入する

きもの草子 (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ねこや

後書きで「布は場所とその土や空気の凝縮したもの」とある。もしもこの作品が着物、布地や文様の来歴を連ねた学術書のようは作品だったら、それを感じる取ることは出来なかったかもしれない。作中に描かれている作者自身の日常や着物や布に纏わるエピソードのひとつひとつは確かに着物や布地に凝縮されていて、物を受け継ぐというのは物だけのやり取りではないということを改めて感じさせられた。

2016/03/04

なおこっか

着物と共に季節を愛でる。布のルーツがアジアや、沖縄など各地に繋がっているのが、田中先生の本領。舶来の商品が巡りくる、だから物流は愉しいのだ…。

2011/05/05

sa-ki

着物や布に対する想いのこもった言葉は、着物初心者の私に良い刺激を与えてくれた。著者のような粋な着こなしができるようになりたい。

2011/01/20

みこと

(図書館)代々繋がる着物は素敵…

2018/02/14

感想・レビューをもっと見る