読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

わたしの中の自然に目覚めて生きるのです 増補版 (ちくま文庫)

わたしの中の自然に目覚めて生きるのです 増補版 (ちくま文庫)

わたしの中の自然に目覚めて生きるのです 増補版 (ちくま文庫)

作家
服部みれい
出版社
筑摩書房
発売日
2019-08-09
ISBN
9784480436115
amazonで購入する Kindle版を購入する

わたしの中の自然に目覚めて生きるのです 増補版 (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

読了。最近本を並行して読む癖が戻ってきてやっと一冊読み終わりました。 毎日小さなランプを灯して、寝る前に少しずつ読む。そんな贅沢な読み方をしたくなるような本です。 心からじわっとするような、あたたかく、そしてやわらかく、優しくなれる本です。 いくつか実践したいと思うこともあって、付箋をつけていったら、結構な量になってしまった(笑) あとでメモにとろう。 生きていく中で何度も立ち止まって読み直したい本の一つになったと思います。プレゼントしてくれた先輩に感謝。

2020/10/20

ユ-スケ

マーマーマガジンという面白い雑誌の編集者の方が書かれた 森などと深く関わってきた者として、この方の言説はふっと腑に落ちる そう、自分という自然をよく見、感じることなのですね

2019/11/28

mami

作者の服部さんは少し前に実際自然の中で暮らすことにしたと、岐阜県美濃市に移り住んだことが書かれていました。美濃の温かくて優しい自然のことはよく知ってる。どんなときも優しく迎えてくれるとても素敵な場所。冒頭から大切な場所を思い出してぐっと引き込まれたけど、今の自分を振り返ってもう少し自然に還りたいなぁとたくさんの気づきをもらえた本でした。自然の中で自然に生きる美しさ。この手の本はきりがないからあまり手元には置かないんだけど久しぶりに購入してたまに開いてみようと思いました。

2019/12/13

かきょん

短い結論は、自然といきることが自然なことでからだにいい。

2019/11/23

感想・レビューをもっと見る