読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

危機と人類(上) (日経ビジネス人文庫)

危機と人類(上) (日経ビジネス人文庫)

危機と人類(上) (日経ビジネス人文庫)

作家
ジャレド・ダイアモンド
小川敏子
川上純子
出版社
日本経済新聞出版
発売日
2020-10-02
ISBN
9784532199890
amazonで購入する

危機と人類(上) (日経ビジネス人文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

月六

歴史に「物差し」を当てると、色んな教訓が見えてくる。ピンチに瀕した国はどう対応し、どんな結末を導いたか?7か国の事例を、12の側面から分析する■前半はソ連から独立を勝ち得たフィンランドと、明治維新の日本を扱う。独立のために言論の自由までも一部放棄したフィンランドの判断に感服。後半に登場するチリ(ピノチェト政権)とインドネシア(スハルト政権)における「内圧」の事例は悲惨で気が滅入る■認めたくない真実を直視し、譲れない点と改善点を線引きする……。国家を論じる起点に、個人の心理療法での議論を援用したのも面白い。

2021/03/04

nagoyan

優。危機に直面した個人がこれを乗り越えるための心理療法から、国家的危機に直面した国家がその危機をどのように乗り越えることができるかを類推。その実例として、フィンランド、近代日本、チリ、インドネシアが上巻では取り上げられる。著者のように近代日本の歩みを単純に寿ぐ気にはなれない。また、著者の言うようには総合的でも、計画的でもなかったようにも思える。それでも、ペリー来航以来の外的脅威に対応する中で見事に自己変革をしてみせた先人たちの知恵と勇気は素直に評価してもよいのかなと本書を読みながら思った。

2020/12/17

ごん

国家が危機に如何に対応したか、明治日本やフィンランドなどの事例で叙述的に書かれています。いずれも歴史的に有名な「転換点」なので基本的な展開等については知っているのですが、ジャレドダイアモンド先生の巧みな叙述で改めて読むと、その危機のなか必死に生きていた人たちのことを考えてしまいます。(特にチリやインドネシアのケースは凄まじい弾圧や虐殺で危機に対応しているのでブルーな気持ちになります。改めて言うことでもないのですが、人間てなんて残酷な生き物なんでしょう。)引き続き下巻を読んでいきます。

2020/12/31

funkypunkyempty

★★★★★ まずは訳者が素晴らしい。外国人が書いた本というのを忘れるぐらい分かりやすい日本語になっている。内容に関しては、難しいテーマにも関わらず、個人と国家、国と国との比較が絶妙で、読む勢いを加速させる。個人的にはフィンランドはよく頑張ったなぁというのが強く残った。

2021/04/06

くらーく

図書館から借りて読んだ。下巻を先に読んだけど、上巻の方がありがたみがあるかな。たぶん、あまり報道されない国(チリ、インドネシア、フィリピン)だからだろう。 フィンランドの冬戦争等は全く知らなかったので、興味深い。日本もソ連(ロシア)に接している国であり、同じような状況だけど、国境を陸で接しているか海で隔てているか、人口の多さで違っている。経済力も重要だな。今の日本は当時のフィンランドに学ぶ事多では無いかと。 あと、チリも安定した政治が壊れたのも、左右に大きく振れた結果であることを覚えておきたい。

2021/03/25

感想・レビューをもっと見る