読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

前世療法 米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)

前世療法 米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)

前世療法 米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)

作家
ブライアン・L・ワイス
Brian L. Weiss
山川紘矢
山川亜希子
出版社
PHP研究所
発売日
1996-09-02
ISBN
9784569569321
amazonで購入する Kindle版を購入する

前世療法 米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

roomy

こればかりは体験してみないと信じることは難しいでしょうね。私の場合、占いで見てもらった時に古い魂だと言われたので何回も輪廻転生しているのだと思います。今は初めての女としてお休みの人生を送っているそうで力仕事をするとエネルギーいっぱいになって元気になるのはきっと前世が男で力仕事でもしていたからだと納得できました。現世で旅行する国や住んでいる場所は前世で生きていた場所だとも言われました。この本を読んで今まで知り合った人やこれから知り合う人とは何か縁があったと思うとワクワクします。現世で、できるだけ成長したい。

2016/01/10

♡♡♡

ヒプノセラピーを通して過去世を見に行く(体験しにいく)なかでマスター(神?精霊?守護霊?)の声もきけるようになる患者と精神科医。私はこういった世界を自然にとらえることができるので大変興味深かった。以前セドナに行ったときヒーラーさんに自分の過去世を教えてもらったことがある。一体いまの私は何回目の人生を歩んでいるのだろう。ヒプノセラピーうけてみたいなぁ。

2014/10/05

BLio

★★★★★ 私にとって、人生を共にする一冊になりました。人は何故生まれ、生きるのか。誰もが一度は考える疑問だと思います。その答えが、ここにありました。無宗教の私の心にスーっと溶け込む内容でした。今生において、決して平等ではない人生。その理由もスッキリします。長い時を越えて、行き着く先は皆、同じ世界。決して簡単では無いが、今を強く生きたい。

2017/03/22

たかぴ

元々、ワイズ博士の別の本を読んでいたが、今回はワイズ博士が前世療法と出会うお話。現代医療の医師が治療を行うにあたり患者が前世の記憶が呼び戻され治療された。しかも調べると前世の記憶がある事例がたくさんあるとのこと。この事例を否定することなく、この世界にはこういうものだと捉えたい。しかもマスターが別次元にいるという。これもこういうものだと捉えたい。その方がこの世界を適当には生きれなくなるから。精神が病んだときは薬ではなく前世療法を受けてみたいと思います。ありがとうございました。

2020/05/06

磁石

まだ体験したことがないので、どうとも言えないが……もしあるとしたならば。人は遺伝の法則だけに支配されている、わけではないことになる。連綿と続く魂の系譜、『転生の法則』なるものがあるはず。ソレは遺伝子と同等かそれ以上の支配力をもっている。この存在を無視して、人は物質だ精神は脳内ニューロンの発火の集合体でしかないと決めつけてしまえば、解決できる問題も解決できず逆にこじれて悪化してしまう。今のデフレスパイラルな世の中に目を向けてみると……、どうやらあると言わざるを得なくなりそう。

2016/12/07

感想・レビューをもっと見る