読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

演じることは、生きること 人生の舞台で紡いだ言葉

演じることは、生きること 人生の舞台で紡いだ言葉

演じることは、生きること 人生の舞台で紡いだ言葉

作家
仲代達矢
出版社
PHP研究所
発売日
2018-11-26
ISBN
9784569840376
amazonで購入する Kindle版を購入する

演じることは、生きること 人生の舞台で紡いだ言葉 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

naoudo

戦中を知る世代として何度でも、いつまでも言い続けたいことはただひとつ。「戦争だけは二度とやっちゃいけない」。必ず勝つと信じていたからこそ、あんなにひもじく、苦しく、死の恐怖にさらされ続けた戦争を、子供心にも懸命に受け止め、耐えてきた。戦争中はひたすらアメリカ憎しと叫んでいた連中が、一晩にしてコロリと新米派になった。「大人ってそんな簡単に価値観を変えられるものなのか!?」戦争をやってはいけないのは、始めるスイッチはいくらでもあるのに、一度始めたら、そう簡単にはやめられなくなるから。政治家も戦争を知らない。

2019/06/12

エレーナ

この本を読んで、名優・仲代達矢さんについて深く知ることが出来、とても参考になった。

2018/12/14

リック

『遺し書き』と重複するところが ありましたが、仲代さんの生い立ちから、どのような経緯で俳優となったのか…役者とは?生涯役者であり続ける 仲代さんの強い思いに触れ、大変興味深く読みました。

2019/07/15

感想・レビューをもっと見る