読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

深夜廻(しんよまわり) (PHP文庫)

深夜廻(しんよまわり) (PHP文庫)

深夜廻(しんよまわり) (PHP文庫)

作家
日本一ソフトウェア
黒史郎
溝上 侑(日本一ソフトウェア)
出版社
PHP研究所
発売日
2021-07-09
ISBN
9784569901411
amazonで購入する

深夜廻(しんよまわり) (PHP文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼンキン

ゲームと同時並行で読み進めました。冒頭に衝撃的な結末が提示されて、そこからユイとハルの二人の視点を入れ替わりつつ、お互いがお互いを探し求めて夜の街を彷徨うお話…。これほどまで健気に互いを思い合っているのに、次々と辛い目に遭い、そして残酷な真実を突きつけられる切なさ。怖さはゲームで満喫(前作よりも怖い!)して、小説ではストーリーの補完やサブテーマの深掘りができて良かったです。

2021/08/12

トミレン

このゲームをプレイしてから随分経つ。細かい設定よりも雰囲気を大切にしていて、それが絶妙だった。逆に言えば、作中で明言されていないアレコレが沢山ある。それがまたプレイヤーの想像力をかきたたせてくれる訳だが、その想像が行き着いた答えの1つがこの小説と言えるのではないか。特にユイの存在はゲーム中で謎が多く、彼女の詳細が描かれたこの小説は、特にストーリーを明確にしたい人にとっては最適かもしれない。この小説も勿論面白かったが、謎は謎のままで、解釈の余地が沢山あるゲームの夜廻シリーズもとても好きだ。

2021/11/03

感想・レビューをもっと見る