読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

達人伝 -9万里を風に乗り-(6) (アクションコミックス)

達人伝 -9万里を風に乗り-(6) (アクションコミックス)

達人伝 -9万里を風に乗り-(6) (アクションコミックス)

作家
王欣太
出版社
双葉社
発売日
2014-08-28
ISBN
9784575844726
amazonで購入する Kindle版を購入する

達人伝 -9万里を風に乗り-(6) (アクションコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

竹城 俊之介

#達人伝 危機察知の達人鈍平さん(なかなか凄い名前)が登場し、ヤバいときに変な声(あヒイイイイ)を出して、警鐘を鳴らしてくれる。そういえば、世の中の達人を集めるのが、ミッションだったことを思い出す。 孟嘗君のところにいた鶏鳴さん(鶏の声の人)とか、狗盗さん(盗みが上手い人)もそうでしたが、達人はなんだか様子がおかしな人である場合があります。 昼間パワーダウンする王齕さんをカバーする范束さんに深い愛を感じますが、昼間は范束、夜は王齕に動員される兵士たち頑張れと思いました。

2021/08/11

文吾

★★★/初陣、王齕戦は何故か勝利。気合いか。地上最凶の武人白起も秦国にしたら守護神よな、確かに。戦は一旦休戦、闇に紛れて信陵君が狙われたとこまで。(ki)

2021/02/04

こも 零細企業営業

包丁が大軍を引き裂く、ソレで戦の流れが変わる。包丁ハンパねぇぇぇぇw

2019/03/10

明智紫苑

やっぱりこの「感触」、見せ方、『蒼天航路』より『ファイブスター物語』に近い気がする。#FSS_jp

2014/09/02

読書管理用

8点/10点 欣の兄貴には水滸伝を書いてほしいと思うのは僕だけでしょうか?達人を集めて秦と戦うという軸が好印象。作家の差かもしれないが、キングダム(も好きだけど)との差を感じた6巻。蒼天航路という実績を如実に感じます。曹寛が◎

2014/09/15

感想・レビューをもっと見る