読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

達人伝~9万里を風に乗り~(27) (アクションコミックス)

達人伝~9万里を風に乗り~(27) (アクションコミックス)

達人伝~9万里を風に乗り~(27) (アクションコミックス)

作家
王欣太
出版社
双葉社
発売日
2020-08-27
ISBN
9784575854855
amazonで購入する Kindle版を購入する

達人伝~9万里を風に乗り~(27) (アクションコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美周郎

思想的に巨大な儒の時代になるのは確定、歴代の秦王は寿命,病死,病死、始皇帝も寿命(病気?)そのあとは自滅がわかっている、現状秦の下風に立つのが嫌なだけでとんでもない数の自国民を殺している達人たちの、せめてもの精神的勝利をどこに求めるのか。勝手に膨らむものすごい期待感、楽しみ。

2020/12/07

NoControl

今更ながら気付いたが、この時代にはまだ鐙がなかったことがしっかり絵に反映されてる。しかし作者はぽっと出の人物のキャラを立たせるのが上手いなと感じる。ただ、反秦を担う達人を集めるコンセプトが、結局のところ信陵君が核で、ほかはそれに鼓舞されて付き従う仲間たちという構図になってしまっている気がする。

2020/08/29

8月24日生まれ

このマンガ読んでて気付いたんだけど、始皇帝と劉邦って同世代なんだな。

2020/09/01

永遠子

八代目盗跖と百起、百起と黥骨、黥骨と九代目盗跖…。黥骨は本当に絶命したのだろうか。不安。信陵君が熱くて熱くて、とてもかっこいい。蒙驁将軍は敵ながらすごい。この人が味方だったらなぁ…。呂不韋も踏ん張ってほしい。

2020/08/31

委員長

心の折れかけた信良君を立ち戻らせた邦君の存在が既に大きい。相対して呂不韋の思いと裏腹に悪い意味でどんどん大きくなっていく始皇帝の存在感。ヒョウコウ・カンキ・ヨウタンワ・オウセンらのキングダムでおなじみの方々も登場してきて時代の移り変わりを感じますねぇ

2020/09/16

感想・レビューをもっと見る