読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

影燈籠 柳橋ものがたり5 (二見時代小説文庫)

影燈籠 柳橋ものがたり5 (二見時代小説文庫)

影燈籠 柳橋ものがたり5 (二見時代小説文庫)

作家
森真沙子
出版社
二見書房
発売日
2020-07-27
ISBN
9784576201139
amazonで購入する Kindle版を購入する

影燈籠 柳橋ものがたり5 (二見時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

真理そら

今回の主なゲストキャラは月岡芳年(秘め絵の女)と手塚良仙(うつろ舟)。この良仙の曾孫が手塚治虫。『うつろ舟』はコレラの感染に対処する話なのでコロナ禍真っただ中で読むといろいろ思うことが多い。

2020/07/29

ひさか

2020年8月二見時代小説文庫刊。書下ろし。シリーズ5作目。5つの連作短編。いずれの話も、篠屋の綾さんより、ゲストの登場人物中心の展開で、シリーズの楽しみが無く、面白くなかったです。というか、そういうのがテーマなのかも。

2020/10/01

goodchoice

綾の周りに浮世絵師、医師等いろいろな人物が登場し、物語が展開する。江戸時代末期という時代背景も興味深い。

2020/09/18

感想・レビューをもっと見る