読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

死る旅

死る旅

死る旅

作家
松原タニシ
出版社
二見書房
発売日
2021-07-09
ISBN
9784576210971
amazonで購入する

死る旅 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

新刊。恐い旅の続刊的な感じ?怪異等は全く出て来ないので期待とは違ったなあと思ったけれどグイグイ引き込まれてついつい読み進めてしまった!魅力とはまた違う、いわくという角度で日本各地のことが土地の歴史と共に知れて思いがけず学びになった。また、これは松原タニシさんの内観の旅でもある。彼の心境の変化も読んでいて興味深かった。黄泉比良坂の話、遺体管理人・嘉陽さんの話、天津神社のさっちゃんの話は心に残ったなあ…怖かったのが、今までに見たことがないくらいの印刷段階での酷い乱丁があったこと!^^;←交換してもらえました。

2021/07/18

そー

以前から松原タニシの視点って面白いなーと思ってたんだけど、その視点そのものに関する話。ホラーというより怪奇スポット紀行文。時々出る怪談がリアルでゾクっと来る。

眉毛ごもら

死とは何でしょうか?という哲学的な問いではじま旅である。事故物件に住むことや、心霊スポットの配信や怪談トークで仕事をしている芸人の著者が心霊スポットや自殺の名所、戦争で沢山の人が死んだ沖縄や震災の被災地での体験で死への自問自答を書く。前作から思っていたが著者は著者なりの方法で真摯に死と死者に向き合おうという姿勢が見えていたので好感が高いなあと思ってたのでちょっと以外だったり。関わり方が変わって入るなとは思うが。私はこの著者の本で死に対してぼんやりながらも考えることができたので良い著者だなあと思っている。

2021/07/14

感想・レビューをもっと見る