読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

野に遊ぶ魯山人―四季のうつわ

野に遊ぶ魯山人―四季のうつわ

野に遊ぶ魯山人―四季のうつわ

作家
梶川 芳友
稲越功一
出版社
平凡社
発売日
2003-02-01
ISBN
9784582247251
amazonで購入する

野に遊ぶ魯山人―四季のうつわ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Koki Miyachi

京都や周辺の自然の中に置かれた魯山人の器たち。「器は料理の着物」と考えた魯山人にとって、器だけを撮ることは本意ではないと思うが、自然を愛する魯山人がつくった器はやはり自然に映える。器だけを撮影した作品集や図録の類とは一線を画す。「自然は魯山人の着物」ということかも。

2013/07/20

AR

やっぱ魯山人の感性ははかりしれないものがある。名言もかなり心にくるものがあり、またそれ単体が「美しい」とも思える。願わくば、白黒写真は……正直、モノクロじゃわからねーよ、ってとこがある。カラーはすごい。

2012/12/20

感想・レビューをもっと見る