読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

三ギニー (平凡社ライブラリー)

三ギニー (平凡社ライブラリー)

三ギニー (平凡社ライブラリー)

作家
ヴァージニア・ウルフ
Virginia Woolf
片山 亜紀
出版社
平凡社
発売日
2017-10-10
ISBN
9784582768602
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

教育や職業の場での女性に対する直接的・制度的差別が、戦争と通底する暴力行為であることを明らかにし、戦争なき未来のための姿勢を三ギニーの寄付行為になぞらえ提示する。

三ギニー (平凡社ライブラリー) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ふるい

小説以外のウルフの文章ははじめて読んだのだが、ますます好きになった。ほんとに今日的なことが書かれていると思う。いわれのない偏見の目で見られ、父や夫に抑圧され、自分で稼ぐこともままならなかった女性たちの数々のエピソードを読むことができる。女性を支配したがる男性の愚かさを上品に皮肉る手腕が見事。男性的な悪癖である戦争に関わって来なかった女性だからこそできる行動が、平和への道があることをウルフは示してくれた。

2018/03/17

ハルマッチ・ハセ

教養の深い作者がいろんな種類のオブラートやサランラップで包んでこてこて執筆してらっしゃるが、どうやら「あんたら男どもが好き勝手やって腐敗したこの社会において、女性を家に閉じ込めといて、自ら稼ぐすべを無くした上で、施設を改築する寄付をしろ、ですってえ?勝手に戦争始めといて、戦争を止めるにはどうしたらいいかですってえ?まずは無駄な装飾ごてごてのコスプレ軍服やめなよ。あれが間違ってもカッコイイとか思ってる人がいたら戦争終わらないんじゃないの?」と言った、おっしゃる通りですわ、奥さま、という本でございます。

2017/11/08

べんざカバー

美しい本だ。巧みな修辞でもって婉曲な文章は原注にある苛烈な怒りを感じさせない。そのうえ仮想的である無意識的ミソジニーを上品に貶める。その様はまるで美しいSMプレイを観た後のようで、女王様が醜い奴隷を裸に剥いたようだ。私はドキドキしてしまった。すね毛を剃ろうと思った。

2018/05/14

感想・レビューをもっと見る