読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Do race? 2 (ヤングアニマルコミックス)

Do race? 2 (ヤングアニマルコミックス)

Do race? 2 (ヤングアニマルコミックス)

作家
okama
出版社
白泉社
発売日
2017-08-29
ISBN
9784592147497
amazonで購入する Kindle版を購入する

Do race? 2 (ヤングアニマルコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

歩月るな

ミュラさんはすげえなあ。それよりもミュラクロちゃんがとてもいい子過ぎて。先頭集団のクラッシュ。ああ、レースだもん当然だよ。一巻の時の安心感は本番レースじゃなかったから、なのでチームが負けたら敗北なのだ。ワープ空間の表現によりキューの潜在能力の証明を行う流れ、こういう場面の予備知識があればすんなり受け入れられるものだけど。才能と体質は別問題、使うと酔う、だが使わなければ負ける。克服しなければ死ぬ。ワープ酔いは意識の混乱、カラダに影響はない。トラウマの克服と故郷、出生の描写などの併せ技。お膳立てが整ってから。

2018/12/04

Eterter_

あれ、何だかサクサク進んで不穏な空気が…… ドレスの見せ場も少ないし、ある意味キャラの力で進んできてる感じ。さてどうなることやら。

2017/10/15

ユーリル

あっという間に優勝し有名になってしまった。 戦闘ものになっていくのかな

2017/09/09

KAZE@がんばれない

Do race? 第2巻、読了。天才開花。せっかくレースでトップ走ってても、ワープのセンス(!)の差で縮められたり逆転されたりしたら敵わないなぁ。。まあ、ワープ込みで熱かったのだけれど。中々に不穏な3巻への引き。これだらマスコミは! 約束ひとつ守りやしない。

2017/09/01

えーてる

「だけど、怖くて踏みだせないなんて、死よりミゼラブル」名言。初のチーム戦での有償。チームレース盛り上がる。さらに新人賞もサクッと優勝。思いのほか高速な展開。3巻で終了するのかも。きらびやかなレースシーン、okama氏の色彩感覚が溢れかえっているのが分かる。全編カラーページで読みたいなぁと思う。

2017/12/02

感想・レビューをもっと見る