読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

狼陛下の花嫁 18 (花とゆめCOMICS)

狼陛下の花嫁 18 (花とゆめCOMICS)

狼陛下の花嫁 18 (花とゆめCOMICS)

作家
可歌まと
出版社
白泉社
発売日
2018-04-05
ISBN
9784592195535
amazonで購入する Kindle版を購入する

狼陛下の花嫁 18 (花とゆめCOMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あーさん★スマホ新しくしたけど操作に苦戦中(¯―¯٥)

狼陛下の過去。

2020/04/24

枯伍

今巻重そうな雰囲気に買ったまま積んでました^^; いつものイチャラブは少ないけど、少年狼の成長っぷりを楽しめてよかった。危険は多々あれ養父も友もいて幸せだったんじゃないかなあ。孤独な王宮で夕鈴にあえて本当に良かったね陛下!ぎくしゃくしてた宰相との仲も夕鈴のがんばりで氷が解けたようだし。やっぱゆーりんすごい、ってところに落ち着くのだなw

2018/11/07

ゆずきゃらめる*本とお花♪

クライマックス直前♪陛下の過去・・。前もさらとラブラブになったときにも話していたけどもっと深く暗い感じだった。陛下の語りは諦めたような感じだったけど夕鈴がかえたのかな。最終巻楽しみ!!

2018/04/08

ニャンゴロウ

最終巻直前。表紙の絵が1番過激な描写という優しい恋愛。恋愛だけの話ではないところと周りの際立ったキャラクターが、このマンガの人気だと思う。次巻で終わってしまうのが残念。

2018/04/15

しゃちおおかみ

17巻を散々放置していたのに、読んだら勢いで18巻を買ってしまった(笑)。しかしこの表紙、陛下の横顔ちょっと崩れすぎです~(汗)。自分理由で間が空いてしまっていてなんですが、これって周宰相の役割?李順さんと陛下の間に溝があるんじゃなかったでしたっけ?。まあしかし、あれだ、狼が子犬と人格統合出来そうで良かったです。ある意味陛下もバイト王だったんですねえ。周宰相にはめられなくても、いずれはここへ来ただろう、っていう陛下の言葉と、行く道の先には一人にしない人が現れるよ、って過去の自分への台詞が心に来た。

2018/04/22

感想・レビューをもっと見る