読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

秘密 season 0 10 (花とゆめCOMICSスペシャル)

秘密 season 0 10 (花とゆめCOMICSスペシャル)

秘密 season 0 10 (花とゆめCOMICSスペシャル)

作家
清水玲子
出版社
白泉社
発売日
2021-07-05
ISBN
9784592212409
amazonで購入する Kindle版を購入する

秘密 season 0 10 (花とゆめCOMICSスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

れみ

「悪戯」編、完結。なんとも…胸がつまる結末。周りの大人に愛情を求める気持ちと生い立ちからくる危うさ、薪と似通った部分。事件後、薪が光に語ったような未来が来てほしいと思ったけどな…。体験をたくさんしてきながら「第九」での職務に誰よりも厳しく向き合う薪の内面が、同じような性質を持つ光の存在によって、より窺えるような気がした。

2021/08/14

かさお

性善説を信じていいのだろうか。でも私は最後まで呑み込めなかった。だって、光君が皆にした洗脳行為は許される事じゃない。園という閉ざされた場所で産まれたモンスターの中には、今でも面白半分にアレルギーのある学友に対象物を食べさせたり、電柱にワイヤーを結んだりする娘達がいるんだから。青木さんの大きな手は、大きくても2つしかないんだから。みんなを救えない事が哀しくてやりきれない。被害者であり加害者であるという図式は堪らない。しかし話の構成は相変わらず見事。小説でいう叙述トリックを漫画で魅せるとは感嘆の息を吐く。

2021/07/10

ぐうぐう

守るべき人がいると言うこと。守られることで誰かを守ろうとする意識が芽生える。その連鎖は、人をたくましくさせるし、優しくもさせる。法もまた、人を守るために存在している。しかしその法に、救われる者もいれば、裏切られる者もいる。法は未熟だ。人がそうであるように。「毎日 毎日 天使の真似をしていれば いつか 10年後 20年後 60年後も 続けたら きっと「偽物」と「本物」の区別がつかなくなる」この言葉は、希望のようにも、絶望のようにも聞こえる。

2021/07/17

あーびん

被害者も加害者もどちらも子供というのはほんとに胸がえぐられる...理不尽で容赦のない悪意が存在する世界で、青木の純粋さと正義感は救いだ。青木みたいな大人が傍にいれば光を更生させられたのかもと思わせるがそれもつらい。しんどいけど面白いから読んでしまう。今回も情緒がサンドバッグ状態です...

2021/07/17

小夜風

【所蔵】あまりに救いのなさそうな話に読むのがめちゃくちゃ怖かった。青木にもう2度とあんな辛い思いをしてほしくなくて、頁を捲るのが怖かった。いつもは一服の清涼剤になりそうな可笑しい場面も笑えないくらい苦しかった。作品を楽しむには重過ぎた。それでもこの作品が大好きだし、ずっと読みたいし、最後は泣けるの…本当に凄いと思う。

2021/07/05

感想・レビューをもっと見る