読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

誘惑の湖 (MIRA文庫)

誘惑の湖 (MIRA文庫)

誘惑の湖 (MIRA文庫)

作家
リンダ・ハワード
新井ひろみ
出版社
ハーパーコリンズ・ジャパン
発売日
2018-11-09
ISBN
9784596917744
amazonで購入する Kindle版を購入する

誘惑の湖 (MIRA文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZU@ 《フィフティシェイズ・フォーエバー》

読友さんから、ダンカンの花嫁のヒロインの兄がヒーローの作品があると教えていただき購入。面白かった。そして、ダンカンの花嫁同様、ムカついた(笑) 高慢チキなヒーローの鼻をヒロインがいつへし折ってくれるのかと、期待しながら読んでた。ヒロインは辛い過去を乗り越えて懸命に生きているのに、ホント、ヒーローにはムカついたわ。でも面白かった(☆∀☆)

2021/01/25

romance_holic

再読。カミソリのような頭脳、社会的ステイタス、富もあり、うぬぼれる理由のある男ロバート。エヴィのことはスパイだと思っているので、容赦がありません。経験豊富な男性が、自分の都合を優先して、グイグイと迫り、うぶな女性との関係を優位に進めるのですが、しっぺ返しをくらうのが痛快。エヴィ負けるな! 天誅を下しているエヴィも苦しんでいて、そこは読んでいて胸が痛かったですが、経済的に苦労しくても自立している点は、好感度高かったです。何度も再販されるのがわかる面白さ。

2018/11/04

mum0031

再読

2018/11/29

感想・レビューをもっと見る