読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

りえさん手帖2 やせても昔の服は似合わない編

りえさん手帖2 やせても昔の服は似合わない編

りえさん手帖2 やせても昔の服は似合わない編

作家
西原理恵子
出版社
毎日新聞出版
発売日
2020-09-19
ISBN
9784620326481
amazonで購入する Kindle版を購入する

りえさん手帖2 やせても昔の服は似合わない編 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あーびん

息子さんが小学生の時に西原家に遊びに来た重松清が教科書の自身の作品を添削し始めて赤だらけで迷惑した話が好き。HPVワクチン接種の重要性を語る真面目なトーンのインタビューも印象的。

2020/11/13

たまきら

長いお付き合いの西原さんの漫画は、長く見てきたプロレスラーの試合を見ているような気分。往年の輝きを知っている。けれどきらきらがまだたるんだ皮の向こうで垣間見えて…。今回は板谷君のホラでしんみり。パレスチナ側から投石していたダーリン、リコール運動やらでお騒がせな大金持ちダーリン…違うのに似てるのねえ。最後の柏餅に既視感が…ん?ダーリンでも出てこなかった、このエピソード?…よほど柏餅だったんだろうなあ。チーター柄がマヌルネコ柄になるような感じかなあ。

2021/05/20

にゃんた

みんな歳をとった。ばーちゃんも、りえさんも、ママ友も、子どもたちも。犬や猫とのお別れも。ふとした時に思う哀愁感が増えてきた。ときめかない自分を捨てそうになるのもなんかわかる。おもしろいだけじゃないりえさんも好きよ。おおかたはおもしろいんだけど。女の子の人生について知識は鎧と声を上げるところもいい。そしてそして、重松清さんが息子さんの教科書の自分の作品を添削事件にいちばんうけた!なんかちょっと羨ましい。

2020/10/04

くさてる

サイバラのエッセイコミックも「恨ミシュラン」からずっと読んでるけど、最新刊にはこれでいいよねえという境地に達しているような安定感があります。過去に描いたHPVワクチンを否定するマンガのことを後悔し、ちゃんと勉強して、現在は接種を勧める立場に立った流れについて語るインタビューはとても良かった。

2020/11/18

山田太郎

安定して面白い。1巻読んでなかったのが今わかった。今を変換していて今わかったが、いまで変換すると今の時間が候補に出てくるな、今知った。娘があんまりというか全然出てこないのは1巻読めばわかるのかな。しかし、内縁のダンナ危ないのだよな、心配というか俺に心配されてどうなるもんではないが、いろいろある人だなと。

2020/12/06

感想・レビューをもっと見る