読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ポックリ死ぬためのコツ―本人も家族も満足な理想の死に方をするために

ポックリ死ぬためのコツ―本人も家族も満足な理想の死に方をするために

ポックリ死ぬためのコツ―本人も家族も満足な理想の死に方をするために

作家
佐藤琢磨
佐々木 英忠
出版社
アスペクト
発売日
2009-03-01
ISBN
9784757216587
amazonで購入する

ポックリ死ぬためのコツ―本人も家族も満足な理想の死に方をするために / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

niko-08

「ポックリ死ぬ」とは本人の満足だと思っていたけど、家族や周りの人も満足や達成感を伴う事だったと読んで知りました。「死に方」を考えることは「生き方」を考えることーそうなんだぁと納得。ちなみに私は「脳より先に体が衰えるパターン」の部類らしい(汗)

2015/01/07

マジョリーヌ:〕

「ポックリ死」 とは、事故死や突然死のことだと思っていたけど違いました。「ポックリ死」は自分も家族も満足する死に方だということが詳しく書いてあります。私も将来的に長生きしてポックリ死したいなと思いました。気になる人はぜひ読んでみてください。

2012/02/02

ええこ

死に方を考えるとは、生き方を考えるということ。日々を大切に暮らし、体を心を大切にし、生きていきたい。7カ条メモ【長生き・古脳・下半身・バランスよい食事・疲労管理・健康診断・頑張りすぎない】

2010/01/11

感想・レビューをもっと見る