読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

僕が僕であるために。(6) (ガンガンコミックスJOKER)

僕が僕であるために。(6) (ガンガンコミックスJOKER)

僕が僕であるために。(6) (ガンガンコミックスJOKER)

作家
葉月抹茶
出版社
スクウェア・エニックス
発売日
2019-04-22
ISBN
9784757559172
amazonで購入する Kindle版を購入する

僕が僕であるために。(6) (ガンガンコミックスJOKER) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

高城剣

バッドエンドにひた走る青さ。

2019/08/05

ガブ

どうしたら一番伝えたい気持ちを誰も傷つけずに伝えられるんだろう。きっとそんなこと出来ないし何かを壊してしまうかもしれない。こっちを向いてほしいのに相手はあちらをずっと見てる。切ない。

2019/04/28

リク

ゆっくり、しかし確実に進む時を感じる第6巻。自分では制御できない感情に振り回される彼ら彼女ら。自分の中に潜む悪魔の囁き。そこで踏みとどまったところが成長だよ。しかしようやく変わってきたのに、変わる前の行動が足を引っ張るのがツラい。紗奈の方も向日葵の笑顔に隠す本音と不安定な部分が出てきた。真摯な彼には報われてほしいけど、そうすると報われない娘がいるんだなぁ。んー、難しい! この状況、何気にバランサーな康平が一番大変そう。波乱の次回予告で今後どうなるのか、期待。そして一フレ。お前らさっさと結婚しろよぉぉぉお!

2019/04/22

感想・レビューをもっと見る