読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

魔法科高校の劣等生 師族会議編(2) (Gファンタジーコミックス)

魔法科高校の劣等生 師族会議編(2) (Gファンタジーコミックス)

魔法科高校の劣等生 師族会議編(2) (Gファンタジーコミックス)

作家
佐島勤
石田可奈
竹田羽角
出版社
スクウェア・エニックス
発売日
2020-12-26
ISBN
9784757570177
amazonで購入する Kindle版を購入する

魔法科高校の劣等生 師族会議編(2) (Gファンタジーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

alleine05

師族会議編というタイトルの通りこの巻から師族会議が始まるわけだけど、作中の日本社会で十師族というのがどういう立ち位置なのかいまいちよくわからないからぴんとこないんだよな。魔法師が国の防衛力であり、その中でもトップクラスの実力を有しているので十師族はなかなかの権力があるというのはわかるんだけど、でもべつに正規の政治家でも役人でもないわけでしょ? なのになんだか領主気取りで滑稽に見えるというか。いやもちろん正規の政治家や役人でなくともある程度の権力を持っていたら強い影響力を及ぼすようになるのはわかるけどさ。

2021/01/23

Makotsu

年末の忙しさから解放されて、ようやく読めた🥰 師族会議編の前半は、魔法科の中でも独特で、政治色が強いというか、もう主たる舞台が魔法科高校ですらない。マンガであっても文字情報が多くて、「読む」という感じがしっくりくる。3巻以降はいよいよアクティブな見せ場も出てくるはずだけど、この冒頭の状況を把握してないと話がわからないので、辛抱辛抱(笑)。ちょっとアニメには向かない感じだな。

2021/01/02

毎日が日曜日

★★★★

2020/12/29

葛宮詠

面白かった

2021/01/06

anchoret5

四葉家へのテロ計画がもたらされた。 その四葉家がどうなるか…

2020/12/27

感想・レビューをもっと見る