読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(7) (ガンガンコミックス)

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(7) (ガンガンコミックス)

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(7) (ガンガンコミックス)

作家
小林立
五十嵐あぐり
出版社
スクウェア・エニックス
発売日
2021-01-22
ISBN
9784757570481
amazonで購入する Kindle版を購入する

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(7) (ガンガンコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あなほりふくろう

まさかの第7巻は決勝戦を阿知賀サイドの視点で。こういうのは本編でやれよと、四校のドラマを織り交ぜつつ決勝戦を進行するのが本編の本筋だろと思わなくもないのだが、6巻で本編と合流して、阿知賀編の役割は終了したと思っていたんだが。本編は四校のドラマも薄く、だから清澄の存在感もえらくうっすいもんで、この阿知賀編には「お、阿知賀だけずるいかもwww」みたいな気はしてる。

2021/01/23

highig

( ^ω^)まさかの第7巻。前巻発売から7年以上も経っているので若干の違和感はあるが、原作と比べて遥かに上品な絵柄は見ていてホッとする。原作合流でお役御免と思われたが、『和と遊ぶんだ』という阿知賀編のグランドクエストはまだ未達だった訳で、五十嵐あぐりの咲-SAKI-の続きが読めるのは素直に嬉しい。しかし和は副将だから遊ぶのは面識もない灼ちゃんなのだが・・・ともあれ先鋒戦、前半の片岡優希・松実玄のターンを描き、原作では薄い阿知賀サイドを描く事で対局に立体感が産まれる。最後に一言、にわかは相手にならんよ(笑)

2021/02/09

彼方

本編と同じインターハイ決勝を阿知賀視点で描く久々の続巻。幼少期の回想や補完以外はほぼ本編と変わらぬ構成。阿知賀には深い掘り下げやインターハイにかける熱い思い、咲と照の複雑な関係のような布石も特にないので、どうしても盛り上がりに欠ける…本編と同じ内容ならなおさら…。本編自体、群像劇っぽいですしこれで阿知賀のイメージが覆るとも思えないので、あくまで7巻以降は本編の補完として読んでいく感じかな…。

2021/01/23

おこげ

時は動き出す…いよいよ本編と交わる阿知賀視点のインターハイ決勝、思いっきり遊ぼう‼⛰️🀄️✨松実姉妹とあの姉妹の母との、縁が結んだ交流で紐解かれる松実の事情。宥と玄の恋人姉妹が在るのも露子さんのおかげ…幼き想い出と一緒に進行する先鋒戦に、玄のドラ復活へ至る母娘の愛がなんてたくさん込められているんだろう🥺松実姉妹&松実母娘のターンはここからだ🐉🔥

2021/01/22

ToTA

え!復活!?って思ったら本編の視点違いでしたか。そのせいでせっかくの天和シーンの衝撃が薄らぐ。まぁこっち視点だとタコスが怪物化してるのはおもろいけど。本編より見やすいのは「おっぱい」くらいか。爆乳ウイルスに感染していないのでみんな健全な「おっぱい」をしている。見ていて安心する。

2021/01/26

感想・レビューをもっと見る