読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

号外! 幕末かわら版

号外! 幕末かわら版

号外! 幕末かわら版

作家
土橋章宏
出版社
角川春樹事務所
発売日
2022-07-15
ISBN
9784758414210
amazonで購入する

号外! 幕末かわら版 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

パトラッシュ

新聞の歴史の大部分は、売らんがための赤新聞が当たり前だった。まして「正確で公平な報道」など頭の片隅にもない江戸のかわら版など、煽情的なトンデモ記事ばかりだ。しかし主人公の銀次は黒船に乗り込んで取材し、幕府大老にも楯突き、幕末維新の著名人と知り合って仕入れた報道で歴史に影響すら与える。社会の木鐸などと気取る大新聞などよりも、はるかに爽快で格好いいジャーナリズムの基本を見せてくれる。京都を舞台とした続編では、おそらく土方や西郷と再会し討幕派と新選組との間で利用したりされたりのドラマが予想され、今から楽しみだ。

2022/09/19

シャコタンブルー

黒船来航から始まり、桜田門外の変までの激動の時代を描いている。見境無く行動する銀次と大人しい絵師の芳徳のコンビがこの波瀾万丈の出来事をかわら版にして庶民に売り出す。時に黒船に乗りペリーと出会い、吉田松陰から思想の感化を受けたりする。坂本龍馬、西郷隆盛、土方歳三らの幕末オールスターも登場して飽きさせない。次は誰が登場するのだろうと楽しみでもあった。この辺りは城戸賞受賞作家らしくテンポや会話が生き生きとしてスピード感は抜群で一気読みの面白さだ。次作では大好きな高杉晋作も登場するのだろうか。今から待ち遠しい。

2022/08/24

幕末をかわら版屋の視点で描く。軽快で爽快なノリが面白い。シリーズ化してほしいな

2022/08/19

ポチ

幕末の江戸での出来事をかわら版やの銀次が民衆の為に真実を面白おかしく伝える。次の舞台は京都。土方歳三に坂本龍馬など有名人も登場し、どんなかわら版を出すのか楽しみ。

2022/08/15

ぽろん

幕末の有名人がこれでもかと出てきて、読んでいてワクワクしました。しかも、黒船にまで乗っちゃうなんて、命知らずにも程がある。サクッと読了。愉しかったです。

2022/08/14

感想・レビューをもっと見る