読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

もののけ裁き ゆめ姫事件帖 (時代小説文庫)

もののけ裁き ゆめ姫事件帖 (時代小説文庫)

もののけ裁き ゆめ姫事件帖 (時代小説文庫)

作家
和田はつ子
出版社
角川春樹事務所
発売日
2018-10-11
ISBN
9784758441872
amazonで購入する

もののけ裁き ゆめ姫事件帖 (時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とし

ゆめ姫事件帖「もののけ裁き」6巻。う~ちょっと時代をがあっちこっちに超えて行き過ぎて理解しずらい結末でしたね。

2019/03/21

ちょこるん

書下ろし新作。だからなのでしょうか、今まで婚約者なのに影が薄かった慶斉が随分と活躍します。それは良しとしても、ゆめ姫も慶斉も考えられないような力が備わり、何だかご都合主義。そして、この作者の作品は何故か不幸になる人物が多い気がします。この作品も大団円には終わらず。読み続けてきましたが、このシリーズもういいかな。

2018/12/09

羽衣慈

今回はあまり面白くなかった。

2018/11/30

いえのぶ

夢の中で時間や空間を超えて事実を見ることができる徳川の姫が難事件を解決する。江戸時代の超能力で捕物帳。好色女や死んでもなお幕府を守ろうとする大岡越前など。

2018/12/27

感想・レビューをもっと見る