読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

皆川博子長篇推理コレクション2 巫女の棲む家 妖かし蔵殺人事件 (皆川博子長篇推理コレクション 2)

皆川博子長篇推理コレクション2 巫女の棲む家 妖かし蔵殺人事件 (皆川博子長篇推理コレクション 2)

皆川博子長篇推理コレクション2 巫女の棲む家 妖かし蔵殺人事件 (皆川博子長篇推理コレクション 2)

作家
皆川博子
日下三蔵
出版社
柏書房
発売日
2020-05-27
ISBN
9784760152292
amazonで購入する

皆川博子長篇推理コレクション2 巫女の棲む家 妖かし蔵殺人事件 (皆川博子長篇推理コレクション 2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

秋良

新興宗教の巫女役に担ぎ上げられた少女時代をベースにした前編。それぞれの大人たちの思惑に翻弄される哀れな主人公が、兄弟を死に追いやってしまう残酷な結末。救済措置が死っていうのも皆川博子。後編は歌舞伎に絡めたけれん味溢れるミステリ。澤村田之助のことマジで先生好きだなー!トリックから人間関係から、全てが歌舞伎っぽい。最後にはインタビューと読書リストも収録。今は入手困難なものも多そうなので、こちらは辺境図書館を参考にすると良いかもしれない。

2020/07/23

fukumasagami

敗戦後の東京で医師の父親と彼に取り入った詐欺を働く霊媒師から自動書記とされた日馬黎子、彼らが催す降霊会はやがて集う人々の思惑を孕んで教団へと発展していき、死んだ兄との交感を信じてしまった彼女はその中心となっていくー。『巫女の棲む家』 若い舞台役者が手賀沼の本番舞台から消失、浅草で江戸期から営む舞台小道具の貸出商の蔵の中で縊死した姿で発見され、その母親も自宅で殺されていた。この商家の主人は先頃消失していた。それぞれの現場に居合わせた雑誌編集者田浦は役者の自殺と思えず事件に踏み込むー。『妖かし蔵殺人事件』

2021/02/13

『虹の悲劇/霧の悲劇』よりやや盛り上がりに欠けるなあと思ってしまったけど(虹の悲劇の構成が好きすぎるというのはある)、やっぱり著者の人間の裏側を描く筆力はさすがだなと思った。あと主要キャラの名前がいつも綺麗だなー。付録もとてもお得感がある。

2020/11/23

sui

51。「巫女の棲む家」がなかなかに入り込めなかった所為で途中一度は閉じてしまったのですが、読み切ると、しかも皆川さん自身の体験が色濃く反映されていたと知ると何とも言えない気分。何がホントで何がウソか。2作目の「妖かし蔵殺人事件」は分りやすいエンタメ色の作品で、一作目「虹の悲劇/霧の悲劇」よりは少し物足りない気はしつつ、歌舞伎題材な事もありとても面白く読んだ。田浦と川瀬の会話が、作中の凄惨な事件との緩和材のように笑わせてくれるのでいい息抜きになる笑。田之助だの梨園界だの、あぁ…いま無性に、歌舞伎が観たい。

2020/09/10

かずみ@スマホ

「巫女の棲む家」は神霊狂いの父親とインチキ降霊術師に惑わされて新興宗教の巫女にさせられた少女の幻視。少女が慕う古本屋の青年の体型に何故か切なく耽美なものを感じた。「妖かし蔵殺人事件」はエンタメ振り切りの消失マジック。陰惨な連続殺人事件の合間にもユーモアあり淡いロマンスありと博子様らしい1編。歌舞伎観たくなった。

2020/07/24

感想・レビューをもっと見る