読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ああ、愛しき古生物たち - 無念にも滅びてしまった彼ら -

ああ、愛しき古生物たち - 無念にも滅びてしまった彼ら -

ああ、愛しき古生物たち - 無念にも滅びてしまった彼ら -

作家
土屋健
芝原 暁彦
ActoW
出版社
笠倉出版社
発売日
2018-10-01
ISBN
9784773089233
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

映画や書籍、漫画など、いま、話題沸騰中の古生物。
本書では、ティラノサウルスをはじめとするメジャーな「恐竜」たちはもちろん、どこが正面なのかもわからないような「謎の生物」たちや、その造形にかわいらしさすら感じる「奇妙な生物」たちまで、古今東西、ありとあらゆる古生物の中から選抜した120種類の生物たちを紹介しています。
我々人類が生まれる前の時代を懸命に生き、そして、おしくも絶滅してしまった彼らに、「ぜひ一度は会ってみたかった! 」との思いを馳せながらご紹介します。
解説はサイエンスライターの土屋健氏、監修は古生物学者の芝原暁彦氏、古生物を専門にもしているイラストレーターACTOWの最強タッグで、最新研究を盛り込んだ、いまいちばん“新しい”古生物情報をお届けします。
ぜひ、あなたの「推し古生物」を見つけてみてください!
あぁ、愛おしくって仕方ない!!

【ご利用前に必ずお読みください】■誌面内の目次やページ表記などは紙版のものです。一部の記事は、電子版では掲載されていない場合がございます。■一部マスキングしている写真、掲載順序が違うページなどがある場合がございます。■電子版からは応募できないプレゼントやアンケート、クーポンなどがございます。以上をご理解のうえ、ご購入、ご利用ください

はじめに●古生物たちが生きた時代~進化の足跡を辿ってみよう~●【第1章】会いたかった! 愛すべき恐竜たちの素顔●ティラノサウルス●パタゴティタン●アパトサウルス●ステゴサウルス●テリジノサウルス

ああ、愛しき古生物たち - 無念にも滅びてしまった彼ら - / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

TーREXの手は2本指。史上最大15㍍の肉食恐竜スピノサウルスはいつ映画«ジュラシック»シリーズに出るのかなあ。全長2.5mに対し低学年児童並みの25㌔しか体重がないヴェロキラプトル!格闘技の強さは体重に比例するはずだから、僕でも勝てるかなあ?えっ、カピバラって66kg!?僕よか重いんだ!!てことは僕はカピバラよか弱いのか。。初めて知ったけど「ブロントサウルス」て「アパトサウルス」に吸収合併されちゃってたの!?!?面白古生物大集合!豆知識も盛り沢山でとても楽しめました。勿論4歳の長男も興味津々!!

2019/02/07

香菜子(かなこ・Kanako)

ああ、愛しき古生物たち - 無念にも滅びてしまった彼ら。土屋健先生と芝原暁彦先生の著書。絶滅してしまった古生物たちの素顔を子どもたちにもわかりやすく説明している良書です。理科好きで生き物好き、自然環境や動植物、生物多様性の大切さが理解できる子どもたちが増えるきっかけになる一冊であると思います。

2018/10/24

たまきら

土屋さんの壮大な生命のオデッセイの短縮・子供向けバージョンといったところでしょうか。ドキドキしながら読みふけったあのシリーズで出会った生物たちと再会してなんだかうきうきしたり。作っている人たちも楽しんだんだろうなあ。どこを開いても楽しいしかけやコラムがあって、満足できる一冊でした。

2019/03/12

絶滅した古生物、確かに何となく愛しい気持ちになりました。あのティラノサウルスにまさかの毛ふさふさ説が出ているなんて知りませんでした。こういう本は時期を見て新しい情報が増えるので楽しいと思います。古生物たちのなぞに大きな体格や飛べないのに羽がある奇妙な見た目等今では子孫として残っている種が少ないだけに、現代にいたら面白そうだし、『風の谷のナウシカ』に登場する虫のような見た目の古生物もいたので、未来にはまた古生物のような生物が復活してくるのでは?とも感じました。

2018/11/11

あおい

親しみやすいイラストとわかりやすい解説で楽しく読めました。ティラノサウルスはモフモフの羽毛で覆われていないほうがいいなぁ。

2018/11/29

感想・レビューをもっと見る